二拠点居住(デュアルライフ)の魅力と実際の事例を紹介

Written by

生活や仕事の仕方が変化し、二拠点居住(デュアルライフ)が注目を集めています。インターネットがあれば、好きな場所で生活できる二拠点居住にはたくさんの魅力がありますね。 この記事では二拠点居住の魅力やメリット、実際の事例、デュアルライフに向いている人を紹介します。

二拠点居住(デュアルライフ)ってどんな暮らしのこと?

二拠点居住(デュアルライフ)とは、都会と田舎の二カ所で生活することです。かつて二拠点居住といえば別荘を持ち、夏休みなどのシーズンを田舎で過ごす富裕層のイメージが強かったですよね。最近ではさまざまな人が二拠点居住をするようになっています。

二拠点居住(デュアルライフ)が広まった背景は、リモートワークや在宅ワークなどさまざまなワークスタイルが増えたためです。つまり、パソコンとインターネット環境さえあれば、常に都心で生活する必要がなくなったのです。

平日は都会で仕事をし、休日は豊かな自然の中で趣味やレジャーを楽しみ、ストレスを解消するという二拠点居住を送る人が増え、注目されています。

二拠点居住(デュアルライフ)が注目されてきた理由・メリットって何?

二拠点居住(デュアルライフ)が注目されてきた理由はいったいなんでしょうか?メリットと合わせて解説します。

仕事とプライベートのバランスが取れる

仕事に追われていると週末もうまくリラックスできず、仕事とプライベートのバランスが崩れがちです。二拠点居住であれば、週末は仕事を忘れてリラックスできる環境が整います。「週末は田舎でしかできないことをやってみよう!」と気持ちを切り替えられます。

田舎暮らしが楽しめる

田舎に住んでみたいけど、移住はハードルが高いと感じる方も多いでしょう。仕事を辞めたり、再就職したりして地方に移住するのは現実的には難しいかもしれません。

しかし二拠点居住であれば、仕事を続けながら田舎暮らしを楽しめます。都会と田舎のどちらが暮らしやすいか比較したい人にも向いていますよ。子供を田舎で育てたいと考えている方も、二拠点居住なら子供たちに豊かな田舎暮らしを体験させられます。

新しく人々とのつながりができる

二拠点居住をすると、新しい地域の人々とのつながりが生まれます。普段の生活では出会えない地域の人たちとのつながりができると、その地域への愛着が湧いてくるでしょう。都会で培ったスキルを生かして、地方で地域社会に貢献する人もいます。

核家族化が進み、人と人とのつながりが希薄になっています。地域のみんなで子どもを育てる文化に魅力を感じ、小さな子どもを持つ多くの家族が田舎に住み始めるケースも多いですよ。

移住先を選びやすい

将来的に地方への移住を考えつつ、移住先を決めかねる人もいるでしょう。二拠点居住は地方での生活を気軽に体験できるため、移住先選びの手段として活用できます。一つの地方で暮らしてみて「何か違う」と感じたら、別の地方に移住することも可能です。

将来的な移住先選びを視野に入れ、二拠点居住を始める若者も増えています。二拠点居住は永住ではないため、その地域に住宅を購入する必要はありません。将来の移住先選びのヒントとなるでしょう。

新しい価値観が生まれる

二拠点居住によって新たな価値観が生まれる人もいます。さまざまな人との出会いや豊かな自然が、新たな人生観や価値観を生み出すのでしょう。特に都会での生活が長かった人にとっては、田舎での生活や人との触れ合いは新鮮です。多様な価値観を身につけることができれば、それを仕事に生かす機会も増えるでしょう。

政府が推進している二拠点居住の支援制度

2021年3月に国土交通省が「全国二地域居住等推進協議会」を設立し、全国の自治体で独自の取り組みが始まりました。二地域居住への注目度が高まり、自治体や企業での取り組みも進んでいます。各自治体によって、さまざまな補助や支援システムがあることも二拠点移住が注目される大きな理由と言えましょう。

実際の二拠点居住者(デュアルライフ)の事例を紹介!

二拠点居住をすると、どのような生活になるのか気になりますよね。実際にデュアルライフを送っている人の事例をいくつか紹介します。

より人間らしい暮らしを送れるようになった事例

もとは東京で働いていましたが、コロナ禍で仕事でも精神面でも疲弊してしまい、長野の実家に戻りました。現在は1週間ごとに長野と東京の往復をしています。二拠点居住をするようになり、サウナや旅行を楽しむ時間が増え、より人間らしい暮らしを送れるようになったそうです。

より人間らしい生活を送れるようになった事例とは

週末は軽井沢で家族と過ごす事例

家族の希望で軽井沢に引っ越すことになり、平日は都心で仕事に集中し、週末は家族と過ごす生活を送っています。新型コロナウイルスの影響でリモートワークをするようになり、軽井沢で過ごすことも増えたそうです。仕事と人生を分けることのない多様なライフスタイルで、時間を有効活用できるようになりますね。

週末は軽井沢で家族と過ごす事例とは

通勤時間が圧倒的に短縮された事例

菊名にアパートを借りていますが、片道1時間の満員電車での通勤ストレスが大きかったそうです。通勤用に渋谷で二拠点生活を始めてから、通勤ストレスから開放されました。渋谷からエネルギーをもらいながら、菊名のアパートでは何も考えず居心地の良い時間を過ごしています。

通勤時間が圧倒的に短縮された事例とは

二拠点居住(デュアルライフ)のどんな人たちに向いているの?

二拠点居住(デュアルライフ)には多数のメリットがありますが、誰でもすぐに始められるわけではありません。どんな人がデュアルライフに向いているのでしょうか。

インターネットを使って仕事ができる人

会社に勤めており、リモートワークでないサラリーマンが二拠点居住をするのは難しいため、場所を選ばず仕事ができる人が二拠点居住に向いていると言えます。フリーランスや在宅勤務のエンジニア、グラフィックデザイナー、ライターなど、インターネットを使って仕事ができる人ですね。

基本的に自由度が高いため、定期的にオフィスに行くことがあっても安心です。公共機関で移動すれば移動中も仕事時間に当てられるため、仕事が忙しいときでも移動を諦める心配がないのも良いところです。

オンオフを切り替えたい人

生活のオンオフを切り替えるために二拠点居住を選択する人もいます。平日は都会で仕事、週末は自然が豊かな二拠点目へ向かう場合が多いでしょう。週末は田舎に移動すると決めてしまうことで、仕事とプライベートのオンオフをつけやすくなります。

自然と触れ合いたい人

週末だけでも自然と触れ合いたい人も二拠点居住にうってつけです。都会のビルや人混みの中で生活していると、大自然の中で生活し、「生きている」という実感が欲しくなりますよね。

二拠点生活を送ると、家庭菜園や風景を楽しむといった都会ではできない経験ができます。自然と触れ合って体力を使い、静かな環境でぐっすり眠る体験は都会では味わえないですね。

将来移住したい人

いつか田舎で暮らしたいと思っている人も、二拠点居住に向いています。興味はあってもいきなり完全に移住するのは難しいため、移住に向けて徐々に田舎暮らしを体験できます。

その土地の生活が合わないと感じたら、場所を変えるのも簡単ですし、気になる場所にお試し移住もできます。田舎暮らしになじめるか不安が大きく、移住を決断できない人にぴったりです。

二拠点居住(デュアルライフ)を始めるなら「unito(ユニット)

さまざまな魅力にあふれた二拠点居住(デュアルライフ)ですが、実際に始めるとなると費用や二拠点目の場所、始め方など調べることがたくさん出現します。始めてからも、ふたつの拠点を管理するのは大変ですよね。

二拠点居住を始める方には、本拠地でサービスアパートメントを利用するのがおすすめです。サービスアパートメントは、家具家電付きの部屋に体一つで入居できる物件です。物件の管理もしてくれるため、管理のわずらわしさがありません。

unito(ユニット)」は、都心を中心に多数のサービスアパートメントを取り扱っています。部屋に戻らない日は家賃が返金される「リレント機能」があるため、本拠地での住まいにunitoを利用することで、家賃を抑えられますよ。

二拠点居住をするためには、本拠地での生活をいかに身軽にするかが重要です。これから二拠点居住を考えている方はぜひunitoをのぞいてみてはいかがでしょうか。



 



line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!