コリビングの入居審査の基準は厳しい?審査項目や流れを解説

「コリビングをしてみたいけど、入居審査の基準って厳しい?」 コリビングを検討している方にとって、入居審査の基準は気になりますよね。 この記事では、入居審査の流れと、審査通過できる基準について解説していきます。

コリビングって何?

コリビングとは、シェアハウスとコワーキングスペースが合わさった住居のことです。
シェアハウスのように、キッチンやリビングなどの共有スペースがあり、複数の人と生活します。

コリビングの特徴は、コワーキングスペースが設けられていることです。
ネット環境が整っているコワーキングスペースがあることで、いつでも仕事に集中できるのです。

コリビングとシェアハウスの違いって何?

コリビングとシェアハウスの違いは、住居を利用する目的にあります。
コリビングもシェアハウスも、同じように複数人と同居します。
したがって、生活面は大差がありません。

コリビングの最大の特徴は、コワーキングスペースがあることです。
仕事がすぐに取り組める環境が整っているのが、コリビングの基準と言えます。

また「仕事を頑張りたい」と考える人が集まるので、似たマインドを持つ人と巡り合える可能性が高いです。

共有スペースで同居人と交流したり、情報交換したりして、人脈を広げられます。
そこからビジネスパートナーを見つけ、新しい事業に発展させることも可能です。

まとめると、シェアハウスは住居を提供しており、コリビングは住居と仕事環境を提供している違いがあります。

コリビング・シェアハウスの入居審査って厳しいの?

コリビングとシェアハウスの入居審査は、それほど厳しくはありません。
一般的な賃貸物件と比較すると、簡単な入居審査です。
そのため、フリーランスや入居できる例があります。

理由は、一般的な賃貸物件と比較して、入居審査の違いがあるからです。
コリビングとシェアハウスの入居審査は「協調性があるか」が1つの基準になります。

しかし、場合によっては審査が通らないことも。
審査が通りやすいと言っても、入居できるかどうかの審査はきちんと行われます。

一般的なコリビング・シェアハウスの入居審査の流れ

コリビング・シェアハウスの入居審査の流れを説明していきます。

1.問い合わせ

コリビング・シェアハウスで利用したい物件を探します。
利用したい物件を見つけたら、問い合わせてみましょう。

問い合わせる前に、コリビング・シェアハウスのコンセプトに、自分が合っているのかどうかをチェック。
同じように、管理会社側も問い合わせを受けた時点で、入居審査としてコンセプトに合った人物か確認します。

性別や年齢など、コリビング・シェアハウス側の基準を満たしていれば、内見に進みます。

2.内見

お問い合わせが完了したら、次はコリビング・シェアハウスの内見です。
この内見でも、入居審査が行われていると考えてください。

コリビング・シェアハウスのコンセプトの基準が満たされているか、人柄や清潔感など、人として問題のないかをチェックされます。
コリビング・シェアハウスは、複数の人と同居することが前提の施設です。

コリビング・シェアハウス内の問題を防ぐためにも、入居審査の際に、人間性チェックが行われます。

3.申し込み

内見でお互いに問題がなければ、申し込みに進みます。
申し込みの際に、入居審査で必要な書類を用意しましょう。

保険証や運転免許証などの、身元が分かる情報が必要です。
中には勤め先の情報も記入する場合もあります。

スムーズに入居審査を進ませるためにも、記入漏れや間違いがないように書類を用意しましょう。

4.審査

提出した書類や情報が、問題なければ審査へ進みます。
審査期間は約3日から7日間が必要です。

記入漏れや、書類の提出忘れがあると、入居できる時期が遅くなります。
書類を提出して、1週間以上時間が空いた場合は、問題がなかったか連絡してみましょう。

5.契約

入居審査が通れば、契約へ進みます。
初期費用が必要なコリビング・シェアハウスなら、事前に準備しましょう。

鍵を受け取れば、その日から入居可能になります。

コリビング・シェアハウスの入居審査の基準・項目とは?

簡単に入居できるとはいえ、入居審査の基準を知っておきたいですよね。
コリビング・シェアハウスの入居審査の基準について、解説していきます。

1.支払い能力があるか

コリビング・シェアハウスの入居審査の基準として「支払い能力があるのか」があります。
つまり、職業についてです。

無職でも入居可能な場合もあります。
しかし、それが適用されるのは貯金があったり、就職する気持ちがある方です。
現時点で無職の方は、転職活動の状況を説明し、安定して家賃を支払えるアピールをしましょう。

アルバイトやフリーランス、契約社員の方は、貯金残高を聞かれることも。
入居審査が通りやすくするためにも、ある程度の貯金を残しておくことが大事です。

2.引っ越す理由について

コリビング・シェアハウスの入居審査の際に、引っ越しをする理由を聞かれます。
過去にトラブルを起こしていないかを知るためです。

家賃を支払えなかったり、騒音トラブルで追い出されたりした過去があると、審査が通りにくくなります。

引っ越す理由は前向きな理由だと、印象がいいです。
例えば「実家から離れて独り立ちしたい」や「コリビングで人脈を広げたい」などがあります。

引っ越す理由も、入居審査の基準になることを知ったうえで、理由を説明しましょう。

3.コンセプトに合っているか

コリビング・シェアハウスのコンセプトに合っているのかも、入居審査の基準になります。

例えば、女性専用のコリビングなら、男性は入居できません。
このように、性別や年齢でコンセプトが決まっているのもあれば、起業家向けもあります。

入居審査の際に、あなたが施設のコンセプトに合ってるかどうかを確認してみましょう。

4.協調性があるか

コリビング・シェアハウスは、さまざまな人たちと同居します。
そのため、入居者には協調性が求められます。

問題なくコミュニケーションがとれるか、愛想が極端に悪くないか、これらが基準です。
内見の際に、時間を守らなかったりマナーが悪かったりすると、共同生活が難しいと判断される原因に。

また、過去に犯罪歴があると入居審査を通れません。
反社会的勢力との関わりがあるのも同じです。

協調性があるかどうかは、入居者とのトラブルを回避するための入居審査の基準です。
迷惑をかけるなど、悪い印象を与えるような行動は避けましょう。

5.清潔感があるか

コリビング・シェアハウスの入居審査の基準として、清潔感があのかもチェックされます。
リビングやお風呂といった共用スペースや、お部屋をキレイに利用してもらいたいからです。

外見に不潔感があると、受け入れてもらいにくくなります。
内見をする際には、清潔感のある身だしなみを意識しましょう。

東京都内でコリビングの物件を探すなら「unito(ユニット)


コリビングをすれば、住居と仕事場所と人脈が、同時に手に入ります。
しかし、まだメジャーではないので、コリビング先を探すのは大変ですよね。

東京都内でコリビング・シェアハウスをするなら「unito」を活用してみてください。
unitoとは、住居のサブスクサービスです。

・シェアハウス
・ホテル
・戸建
・アパートメント

これらが1ヵ月単位でサブスクできます。
unitoには「リレント機能」があり、実家へ帰省したり、旅行をしたりする日は家賃が発生しません。

リレント機能は外泊するほど、家賃が割引されるのです。
無駄のない家賃価格で、シェアハウスが利用できます。


unitoの入居までの手順は3ステップ!
➀条件の合う物件を申し込みする
②支払い方法を選択
③入居・チェックイン

unitoは手間に感じる面談がないので、簡単に入居できます。
気軽にコリビング・シェアハウスしたい方は、unitoを活用してくださいね。

→「unito(ユニット)」の詳細はこちら

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!