1ヶ月だけの賃貸利用!各物件の特徴や費用を紹介

ビジネスや就職活動、受験などさまざまな理由で1か月だけ賃貸物件を利用したい時がありますよね。しかし、通常の賃貸物件の場合「1か月だけ」という短期間ではなかなか入居できないものです。では、1か月だけ賃貸を利用するにはどのような物件を選べば良いのでしょうか。今回は、1か月だけ賃貸利用ができる物件と、それぞれの費用を紹介します。メリット・デメリットもあわせてお伝えするので、自分に合った住み方を見つけてみてください。

1ヶ月だけ部屋を借りたい時に使える賃貸物件の種類とは?

1か月だけ部屋を借りたい時、使える賃貸物件には下記のような選択肢があります。

・マンスリーマンション
・ホテル
・シェアハウス
・民泊

各物件の特徴と1ヶ月にかかる家賃を比較

前述した1か月だけ部屋を借りたい時に使える賃貸物件は、下記のような特徴があります。それぞれ、1か月単位の家賃も紹介するので、自分の生活に合わせて比較してみましょう。

〇マンスリーマンション

1か月単位で契約ができるマンションやアパートのこと。敷金や礼金が不要で、家具家電などが備え付けられているので、入居したその日からすぐに生活がスタートできることがメリットです。部屋を借りる初期費用が抑えられ、契約の手続きが比較的簡単なことも特徴。1週間単位で借りられるウイークリーマンションもありますが、設備等はマンスリーマンションとほとんど一緒です。しかし、週単位で借りられるため、マンスリーマンションより家賃が割高になる場合があります。

【家賃の目安】10万円~15万円程度

なお、エリアによって家賃は異なります。都心の便利な場所であれば、これ以上の家賃になることも。自分の生活と予算に合った物件を見つけることがポイントです。

〇ホテル

ビジネスホテルから高級ホテルまで幅広い価格帯があるので、予算に合わせて選択できます。最近は長期滞在向けの格安プランを打ち出しているホテルもたくさんあり、1か月単位で滞在することも可能です。しかし、基本的には1泊単位で宿泊する場所なので、割高になってしまうので注意しましょう。

【家賃の目安】1泊7千円×30日=21万円程度(ホテルの宿泊費用によって変動)

〇シェアハウス

シェアハウスとは、自分が滞在する部屋以外に共有スペースがある物件のこと。通常、キッチンやお風呂・トイレなどが共同で、入居者同士が交流できるラウンジなどがある場合もあります。
インテリアなどにこだわっていたり、同じ趣味や共通の仕事などテーマ性があったり、さまざまな物件があるのも特徴。人と一緒に生活することを楽しめる人におすすめです。

【家賃の目安】
東京都内の場合
・個室…5~6万円程度
・相部屋…3~5万円程度

〈参考〉
https://www.tokyobeta.jp/column/blog-sharehouse-rentprice/

〇民泊

一般の民家の空き部屋などを貸し出すシステム。家具や家電などが備え付けられていることがほとんどです。
民泊が可能な宿泊施設を集めたポータルサイトや部屋を貸したい人と借りたい人をつなぐマッチングサービスなどがあるので、手軽に申し込むことができます。住居の状況や設備などは物件によって全く違うので、ホームページなどでしっかりチェックすることが大切です。

【家賃の目安】1泊3千円×30日=9万円程度

1ヶ月賃貸物件を利用するメリット・魅力って何?

1か月単位の賃貸物件を利用するメリットは何なのでしょうか。

〇初期費用を抑えられる

通常のマンションやアパートなどの賃貸物件の場合、敷金礼金や仲介手数料など初期費用がかかります。都心の物件であれば、家賃も高いのでその分初期費用も上がってしまうのです。また、家具や家電、日用品など生活するためには想像以上にいろいろなものが必要ですよね。
1か月単位で賃貸できるマンスリーマンションなどは敷金礼金は不要で家具・家電など生活に必要なものが揃っていることがほとんどなので、初期費用をかなり抑えられることが魅力です。

〇契約の手続きが簡単

賃貸物件を契約するためには、さまざまな書類を提出して、入居審査をクリアする必要があります。入居審査には日数がかかることも多く、すぐに引っ越したい時などには困りますよね。
しかし、ホテルなどに滞在する場合、入居審査自体がありません。いつでもウェブ上などで簡単に予約できることが魅力です。また、マンスリーマンションの場合でも通常の賃貸物件と比べて入居審査も簡単で、手続きが楽なのもポイント。

〇好きな時に好きな場所に住める

通常のマンションやアパートなどを借りている場合、引っ越したいと思ってもすぐにできるものではありません。1か月のみの賃貸物件であれば、気軽に引っ越せることもメリットです。
家具や家電を所有しているわけではないので、荷物も身軽で移動しやすいという点もあります。

1ヶ月賃貸物件を利用するデメリット・注意点って何?

1か月程度の短期間賃貸物件を利用するのはたくさんのメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。どういった点に注意すれば良いのでしょうか。

〇割高になる場合がある

ホテルやマンスリーマンションなどは、家具や家電が備え付けで住むための初期費用は抑えられますが、その分、割高になっています。短期間の滞在であれば通常の賃貸物件と比べてかなり予算を抑えられますが、あまり長期になると損してしまう可能性もあるのです。
どの程度住むのか?という点から、総合的にお得な物件を選びましょう。

〇途中解約できない場合がある

1か月などの短期間賃貸契約をする場合、家賃は原則前払いになります。実際に住み始めてから移動したいと思っても、前払いした分が返ってこない可能性があるので注意しましょう。

〇内見ができない

マンションやアパートを契約する際、物件の内見ができますが、短期間の賃貸契約は内見ができない場合がほとんどです。住み始めてから自分のライフスタイルに合わない間取りであることが発覚したり、セキュリティの面で不安があったりする場合があるので、事前にしっかりリサーチしておきましょう。

賃貸での短期滞在・長期滞在に向いている人ってどんな人たち?

賃貸で短期滞在するのは、下記のような人に向いています。

・1週間以上の出張
・受験や就職、転職活動
・建て替えやリフォームのための仮住まい
・初めての一人暮らし(お試し的に初期費用をかけずに暮らしたい場合)
・多拠点生活をしている人  など

今住んでいる本拠点があったり、拠点を短いスパンで点々として生活する人に短期滞在の賃貸は向いています。ひとつの場所で腰を据えて生活がしたい人は、初期費用はかかってしまいますが、通常の賃貸物件を利用した方が結果的には使うお金を抑えられるでしょう。

1ヶ月から賃貸物件を利用するなら「unito(ユニット)


出張や就活、多拠点生活の拠点など、1か月程度賃貸物件を利用したいシーンはたくさんあります。しかし、実際に滞在する期間が決まっていないので家賃が割高になる、選んだ物件が自分に合わない、といった問題が発生することもあるので、物件選びは重要。
そんな時は、サブスク住居「unito(ユニット)」がおすすめです。unitoなら、都心を中心に約1,250件のホテルやサービスアパートメントに泊まり放題。月10日から利用でき、住んだ分だけの家賃で住めるので、1か月ずっと滞在しない場合でも利用できます。
unito(ユニット)」には、お部屋に滞在していない日は返金される「リレント機能」があるので予定が流動的な短期滞在にぴったりです。

→「unito(ユニット)」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/

まとめ

1か月だけ賃貸物件を利用する場合、さまざまな選択肢がありますが、できるだけお得な物件を選びたいものです。
サブスク住居「unito」なら、都心を中心に約1,250件の物件が宿泊し放題。月3日から滞在した日数分だけの費用でOKなので、短期の賃貸利用にかかる予算をグッと抑えることができます。
unitoで、お財布に優しく快適な1か月を過ごしてみませんか。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!