【アドレスホッパー必見】多拠点生活におすすめのサブスク5選

Written by

リモートワークの広がりとともに注目されているのが多拠点生活です。自分のペースに合わせて、拠点を移動できる多拠点生活は旅をしながら働きたい方にぴったりのライフスタイルと言えます。多拠点生活に憧れるけれど、住まいはどう見つけたらよいのか、不安になる方もいるでしょう。 この記事では、多拠点生活の住居の種類、準備、おすすめのサブスクサービスを解説します。

多拠点生活って何?

多拠点生活とは、2つ以上の生活拠点を確保し、自分のニーズに合わせてそれぞれの拠点で自由に生活するライフスタイルです。旅行者だけでなく一般的にも広まっており、仕事をしながら多拠点生活をする人も増えています。

平日は都心のオフィス街に住み、週末はストレスなく田舎でのんびり過ごすというライフスタイルは会社員に人気です。リモートワークが広がったため、インターネット環境があれば会社員でも多拠点生活が可能です。

定額制の住宅サービスなどを利用して、住む場所を選ばないのも多拠点生活のよいところです。都会を離れ、好きな場所に拠点を構え、勉強も仕事も生活も自由になります。

空き家問題や地方の人口増加のために自治体が積極的に支援しており、多拠点生活のハードルは低くなってきています。 

多拠点生活で使われる住居の種類にはどんなものがある?

多拠点生活で使われる住居にはどのような種類があるのでしょうか。多拠点生活にはシェアハウス、アパートメント、空き家という選択肢があります。

シェアハウス

ひとつの住居の中で、共用部分を複数人とシェアしながら住むのがシェアハウスです。個室はあるため、プライベートがゼロというわけではありません。マンションやアパートメントから一軒家まで、シェアハウスの形態はさまざまです。女性専用、同じ趣味を持った人専用のコンセプト型、異文化交流を楽しめる国際交流型など、目的にあったシェアハウスが選べます。

ゲストハウス

共用リビングのあるゲストハウスは、シェアハウスよりも短期で利用できます。一つの住居に複数人で住み、共用部分があるのはシェアハウスと同じですが、1泊からでも滞在できるのがゲストハウスです。ゲストハウスは相部屋であるドミトリーが中心のため、多くの人とコミュニケーションを取りたい方に向いています。

アパートメント

多拠点生活用のアパートメントも存在しています。手続きがインターネット上で完結したり、家具家電がついているサービスアパートメントもあり、利便性を重視するタイプにおすすめです。多拠点生活が可能なアパートメントは都心の方が多い傾向があります。

空き家

地方では人口減少のため、空き家が多くなっています。地方自治体では二拠点居住の推進の一部として、空き家の活用が進められています。インターネット環境の整備、一定の条件を満たすことでの費用補助があるなど、田舎暮らしを体験したい方におすすめです。

多拠点生活をする際に必要な準備とは?

多拠点生活をしてみたいけれど、何から準備を始めればよいのか分かりにくいですよね。必要な準備をまとめます。

家計と収入のシミュレーション

収入と家計のシミュレーションをして、多拠点生活を維持し続けられるか計算します。家賃や光熱費を把握し、節約する方法も調べると後で楽ですね。地方では経費がかからない物件もあるため、徹底的に調べてみましょう。多拠点生活では交通費の占める割合が大きいため、移動手段や費用もリサーチします。

連絡方法とルールを決める


多拠点生活を始めると移動が増えたり、住居が定まらないため、仕事にも影響があります。「スケジュール変更可能な期限」「移動中は連絡が取りにくいこと」などを事前に伝えておきましょう。不在時の拠点管理を家族や友人に依頼する場合は、具体的に希望を伝えます。多拠点を行き来することになることを周囲に理解してもらえるよう、丁寧に説明しましょう。

住居、仕事環境を準備する

多拠点生活を始めるにあたって、住居を確保します。さまざまな場所を移動するスタイルであれば、次の場所への移動や滞在先の確保が必要です。滞在先の候補が一つしかないと、予約できないときに困るため、複数の候補をリストアップしておきましょう。

どこでも仕事ができるようノートパソコンとWi-Fiを用意しておきましょう。どんなときでもスムーズに移動できるよう、荷物をコンパクトにまとめると便利です。

都心と田舎では物価に大きな差があったり、現金でなければ買い物ができなかったりするため、現金を多少は持ち歩くとよいでしょう。



多拠点生活にサブスクがおすすめな理由

多拠点生活にはサブスクリプションがおすすめです。その理由を解説します。

一定金額で全国に移動できる

サブスクリプションであれば全国各地を一定額で滞在できるため、予算が崩れずお金の管理が楽になります。サブスクで選択したことがきっかけで、行く気がなかった地域を訪れ、魅力を知ったケースもあります。さまざまな場所を訪れるきっかけになるでしょう。

固定費用がかからない

多拠点生活に向けたサブスクのサービスでは、滞在先でWi-Fiや水道光熱費が費用に含まれている場合が多いです。Wi-Fiを別途契約する必要がなく、水道光熱費が含まれていると管理の手間が省け、節約効果も大きいですよね。

契約が簡単で短期での利用も可能

サブスクでは、通常のマンションに比べて契約が簡単で、インターネット上だけで手続きを終えることも可能です。多拠点生活では短期間で次の場所へ移動する場合もありますが、サブスクは短期の利用ができるため、契約を気にせず自由なライフスタイルが実現できますよ。

多拠点生活で使えるサブスクサービス5選

多拠点生活で活用できるサブスクサービスのおすすめを5つ選んでみました。参考にしてくださいね。

unito(ユニット)

利便性が高い都心のサービスアパートメントに滞在できるのがunito(ユニット)です。定額制でありながら、利用した日だけ料金が発生するため、柔軟に拠点を利用できます。気分を変えて仕事に集中したいときにもぴったりです。郵便物の受け取りや通知などサービスも充実しているため、都心での拠点として利用する人が多いですよ。


ADDress(アドレス)

「全国に拠点がいくつもある暮らし」を実現するサービスです。各拠点には、個性豊かな地域住民である「家守(やもり)」が常駐しています。地域社会との交流や地域ならではの体験ができ、年齢や職業を問わず幅広い層から支持されているサービスです。


HafH(ハフ)

国内での滞在だけでは満足できない場合、HafHであれば世界にも拠点ネットワークがあります。「旅をしながら働きたい」「行く先々で出会いを楽しみたい」方にぴったりのコンセプトです。利用頻度に応じて、月額料金を選ぶこともできます。


HostelLife(ホステルライフ)

定額で「ホステル泊まり放題」が実現するのがHostelLifeです。宿泊だけでなく、地域の人とのつながりができる宿泊先を紹介しており、人との交流や将来の移住先を探したい人によいでしょう。利用方法によって、料金形態が選べるのも魅力です。


バックパッカーズホーム

シェアハウスとゲストハウスのいいとこ取りができるのがバックパッカーズホームです。「旅ができる家」をテーマに全国展開しており、新しい出会いと共同生活を組み合わせ、刺激的な生活を送ることができます。1か月単位での契約で、1年を通して住みやすい地域を選べるのが特徴です。

 


多拠点生活(デュアルライフ)を始めるなら「unito(ユニット)


さまざまな拠点を持ち、自分のペースで仕事、生活ができる多拠点生活にはたくさんの魅力があります。サブスクで多拠点生活を始めるのもよいですが、都心での予約が取りにくいのがデメリットです。

多拠点生活をしたいけれど、都心で滞在しにくい状態にお困りの方には「unito(ユニット)」がおすすめです。unitoでは、都心を中心にサービスアパートメントを多数取り扱っています。

1カ月部屋を借りながらも、利用しなかった日は返金される「リレント機能」があるため、実質の利用料金を抑えることが可能です。多拠点生活では、次の滞在先を常に決める必要があり、疲れてしまうこともあるでしょう。そんなときもunitoで予定を立てておくと、滞在先を確保するストレスから開放されます。

多拠点生活を検討している方は、ぜひ一度unitoをのぞいてみてはいかがでしょうか。
→「unito(ユニット)」について、詳しくはこちら!


line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!