【必見】フリーランスのメリット・デメリットを徹底解説!

Written by

副業解禁に伴って、フリーランスの道を選ぶ人が増えています。自分のスキルを生かして自由な働き方ができるフリーランスに憧れる人も多いでしょう。どんなメリット・デメリットがあるのか、くわしく知りたいですよね。 この記事では、フリーランスとは、メリット・デメリット、フリーランスに向いている職業について解説します。

フリーランスってどんな人たちのこと?

フリーランスとは、企業や組織に属さず、仕事内容に応じて自由に契約する人です。契約ごとに必要なスキルやコンテンツを提供し、その対価として報酬を受け取るというシンプルな契約形態と言えますね。

自分の才能やスキルを生かして、独立して仕事をする人が多いです。中世ヨーロッパで有力者に契約によって仕える騎士のことを「フリーランス」と呼んだことが語源とされています。

職種に関係なく誰でもフリーランスを名乗ることができます。どのような仕事を請け負うかは自由ですが、受注から納品までのすべての責任を負うことになります。

フリーランスになるメリットとは?

フリーランスになるメリットはなんでしょうか。主なメリットは8つあります。

働き方が自由

フリーランスの最大の魅力は、自分に合った働き方を自由にできることです。関わるプロジェクトやパートナーとの条件交渉は必要ですが、仕事の内容や場所、時間帯などは自分の考えで決められます。

カフェでの仕事、昼寝、アロマでのリフレッシュ、ジムでのトレーニングなど、仕事のパフォーマンスを上げるために良いとされることもできますよ。

高収入を目指せる

会社員の場合、給料を上げるのは難しいです。いくら努力しても給料は会社次第ですし、会社全体の業績が悪ければ、いくら成果を出しても報われません。

フリーランスの場合、自分の努力に比例して収入が得られます。複数の仕事を掛け持ちできるので、「何をやっても給料が上がらない」という疲弊感から解放されるでしょう。

人間関係のストレスから開放

フリーランスになると、会社勤めで面倒な人間関係から開放されます。仕事の依頼主とのやりとりはありますが、会社員に比べて深い人間関係に巻き込まれる可能性は低くなります。

日常的に開催される無駄な飲み会や、断りにくい上司からのお誘いもなくなるため、わずらわしさがなくなりますよ。

通勤ストレスがない

サラリーマンであれば毎日通勤しており、通勤時間によっては往復2時間以上かかることもあります。フリーランスは基本的に自分でスケジュールを組むことができるので、毎日必ず満員電車に乗るという生活から脱出できます。作業する時間の融通が利くため、出産育児中の女性にもうってつけです。

休日を自分で決められる

会社員はカレンダーや会社のスケジュールに合わせる必要がありますが、フリーランスは自分で休日を設定できます。役所や銀行、病院、学校などの時間に合わせることができるため、子育てとの両立がしやすいでしょう。休日を減らして仕事を頑張り、収入を増やすことも可能ですし、収入よりも時間を優先した生活も可能です。

年齢制限がない

会社に勤めていれば、いずれは定年を迎えます。最近では、定年後の再雇用制度を設けている企業も増えていますが、以前と同じ条件ではなく、職種や仕事内容、給与に制限があることが多いです。

フリーランスの場合、定年制はありません。受注側で年齢を優遇している案件もありますが、自分の働き方をセーブするかどうかは自分で決められます。

地方に住める

フリーランスは地方に移住しても安定した収入を得ることができます。リモートワークが可能な仕事なら、無理に家賃の高い東京に住む必要はありません。

最近は無料Wi-Fiがあるところも多いので、移動しながら仕事をすることも可能です。自分の好きな場所で、より快適に仕事ができるのはフリーランスの大きなメリットと言えるでしょう。

仕事を選べる

フリーランスは、仕事を選べます。会社に所属していると、自分がやりたくない仕事を振られることも多いでしょう。その点、フリーランスだと営業は必要ですが、自分のやりたい仕事だけを選ぶことが可能です。

フリーランスになるデメリットとは?

フリーランスはメリットも多いですが、デメリットも存在します。あとで困らないよう、先にデメリットも考慮しておきたいものですね。

収入が不安定

フリーランスのデメリットは、仕事と収入が不安定なことです。フリーランスは自分で営業して仕事を獲得する必要があり、仕事が取れなければ収入も得られません。忙しくなると自分から営業提案をすることは難しいため、仕事を丁寧に続けながら実績を積み重ね、次のプロジェクトに繋げていく努力が必要です。

年金や健康保険が弱い

フリーランスになると厚生年金から国民年金に移行することになり、受給額が減少します。国民健康保険に加入する必要がありますが、すべて自己負担なので、健康保険料が上がります。

青色申告をすることで国民健康保険料を下げたり、「個人型確定拠出年金」「国民年金基金」「付加年金」などに加入したり、将来への対策を自分でしておきましょう。

社会的信用が低い場合がある

フリーランスのデメリットとして、社会的信用が低くなることがあります。

  • クレジットカードが作れない
  • 住宅ローンを組むことができない
  • 物件を借りることができない
  • 銀行からお金を借りることが難しい


年収が高くても、会社員時代よりも信用性が低く、お金に関するハードルが高くなります。フリーランスになる前に、予想される契約を結んでおいた方が良いでしょう。現在では、フリーランス向けのさまざまなサービスや制度も増えているため、活用するのがおすすめです。

事務処理を自分で行う

フリーランスは、自分で事務処理や確定申告をします。開業の各種手続きや社会保険の手続き、日々の経費管理、毎月の請求書処理、確定申告など、これらの事務処理や経理をすべて自分で行う必要があります。会計ソフトを使用したり、青色申告会を活用したり、サービスを活用するとよいでしょう。

孤独を感じることも

一日中誰とも話さずに過ごしていると、孤独を感じ、話し相手が欲しくなることもあります。同業種や異業種のフリーランス同士のイベントに参加して、人との交流をするとよいでしょう。

有給休暇がない

会社員は必ず有給休暇があるので、会社を休んでいても収入があります。フリーランスはいつでも休めますが、働かなければ収入はありません。しかし子育て中だと、有給休暇が足りないことも多いです。収入よりも時間の融通が利くメリットの方が大きい場合もあります。

情報を自分で入手する必要がある

フリーランスの場合、会社側はプロを雇う感覚で仕事を依頼するため、スキルが伸びにくい一面があります。フリーランスとして高単価の案件を獲得し続けるために、常に最新の情報を入手したいものです。IT関連の無料イベントや異業種・同業者交流会などもあるため、定期的に利用すると良いでしょう。

生活リズムが乱れる可能性も

時間を有効に使える一方で、生活リズムが乱れる可能性があります。運動量が減りがちなため、睡眠や食事など、生活リズムを整える努力が必要です。

収入を増やすため、仕事を引き受けすぎるといつまでも忙しい状況が続きます。しかし体調を崩したり、納期に間に合わなかったりすると、信用を失うリスクがあります。自己管理も仕事のうちだと考え、体調を整えましょう。

フリーランスに向いている職業とは

フリーランスにはメリットもデメリットもありますが、どのような職業が向いているのでしょうか。フリーランスにはさまざまな職業がありますよ。

  • ITエンジニア
    • プログラマー
    • Webコーダー
    • フロントエンドエンジニア
    • インフラエンジニア
    • ゲームエンジニア
    • データサイエンティスト
  • クリエイティブ
    • カメラマン
    • イラストレーター
    • グラフィックデザイナー
    • Webデザイナー
    • 音楽家
  • 文筆
    • 新聞記者
    • Webライター
    • コピーライター
    • シナリオライター
    • 編集者
    • ブロガー
  • 接客
    • インストラクター
    • コンサルタント
    • アーティスト
    • カウンセラー
    • 占い師
  • SNS・動画
    • ユーチューバー
    • ティックトッカー
    • インスタグラマー
    • ライバー
  • 運営
    • サロン運営
    • ネットショップ運営
    • シェアハウス運営
    • 個人投資家


フリーランスにはさまざまな職業があり、過去の経験やスキル、人脈、働き方によって、収入も人それぞれです。基本的には自由度が高く、場所を選ばない職業が多いですね。自分の適性や目指す生活を十分に考えてから、フリーランスになるのがおすすめです。

フリーランスとして生活するなら「unito(ユニット)

会社員にはない自由度が魅力のフリーランスは、職業によってはさまざまな場所を行き来することも増えるでしょう。宿泊費の負担が大きいフリーランスであれば、サービスアパートメントを利用してはいかがでしょうか。

サービスアパートメントは、家具家電つきの部屋に最低限の荷物で住むことができる物件です。管理もしてくれるため、家事のわずらわしさを減らして仕事に集中できます。

unito(ユニット)」では、都心を中心に数多くのサービスアパートメントを取り扱っています。不在の日は家賃が返金される「リレント機能」があるため、家賃の節約も可能です。

フリーランスになると事務手続きを自分で行うため、家事や家の管理が減るとその分仕事に時間を当てられます。フリーランスとして生活したい方は、ぜひ一度unitoを覗いてみてください。






line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!