これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

東京の一人暮らしって大変?実際にかかる費用と節約術を解説

「東京は物価が高くて一人暮らしをするのは大変そう…」 そう思う方も多いのではないでしょうか。 そんな方のために、実際にかかる生活の費用をお見せします! 東京での一人暮らしが苦しくならないように、節約術も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

東京の平均家賃相場ってどのくらいなの?

東京は物価が高いので、家賃の相場が気になりますよね。
そこで東京の市町村49カ所から、一人暮らしに便利なワンルームの家賃相場を出しました。
 
東京都 ワンルームの家賃相場:¥60,142

東京で家賃が高い地域だと「港区」で相場が10万9千円。
家賃が低い地域だと「青梅市」で相場が3万です。

東京都の中でも地域によって、家賃相場の幅が広いことがわかりました。
物価の高い東京でも、家賃を抑えることが可能ですね。

家賃を抑えれば、食費や生活用品などの値段が多少高くても、経済的ストレスの少ない一人暮らしができます。

参照:【SUUMO】東京都の賃貸家賃相場・賃料相場を調べる

その他の生活費用ってどのくらいかかる?


家賃の他に、一人暮らしの費用はどのくらい必要なのでしょうか。
総務省のデータをもとに、生活の費用を出しました。

食費:¥38,442
生活用品:¥1,036
外食費:¥8,549
水道光熱費:¥12,346
通信費:¥7,212
交通費:¥4,614

合計で約72,199円が必要という結果になりました。
この数字は1つの目安なので、人によってかかる費用に変動があります。
ですが上記の結果から一人暮らしの場合、家賃とは別で、8万あれば生活ができることが分かりました。

東京の家賃相場である6万円と合わせると、合計で14万円が必要ということになります。
「14万円なら、一人暮らしでもやっていけそう」そう思う方もいるのではないでしょうか。
家賃と生活費の費用を差し引いた金額から、貯蓄や服や遊び代などの娯楽費に使用できますね。

参照:【e-Stat 政府統計の窓口】家計調査 単身世帯


一人暮らしを行う際の理想の生活費割合とは

先ほど、一人暮らしに必要な相場を出しました。
次は一人暮らしを行う際に、理想の生活費の割合を知っておきましょう。
ぜひあなたの月給からも計算してみてくださいね。

まずは以下のグラフをご覧ください。


上記のグラフが「理想の生活費」の割合です。
もし手取りが20万の場合、以下のような生活費が理想になります。

家賃:¥50,000
水道光熱費:¥10,000
食費:¥30,000
生活用品:¥4,000
通信費:¥8,000
交通費:¥4,000
趣味・娯楽:¥10,000
貯金:¥40,000


あなたの実際の給料から計算する場合は、以下の計算式を参考にして計算してみてください。

「手取りの給料」×「2.5(家賃の25%を知りたい場合)」=理想の家賃の費用
「手取りの給料」×「0.2(生活用品の2%を知りたい場合)」=理想の生活用品の費用

上記のグラフから見ても、やはり家賃が大きな割合を占めています。
一人暮らしの物件選びで、支払いのバランスが大きく変化することが分かりますね。

一人暮らし向けの生活費の節約術とは

物価の高い東京で一人暮らしをするには、生活の費用を抑える節約術も必要です。
こちらでは効果の高い節約術を、3つご紹介します。

1.目標のある家計簿をつける

家計簿をつけると、一人暮らしの節約に役立ちます。
家計簿をつけることで支出の把握ができ、何にいくら使ったのかが分かるのです。

支出の割合を、先ほど紹介した「理想の生活費の割合」と比べてみましょう。
あなたの生活が今、どこで多めに費用がかかっているのかが把握できます。

「無駄遣いしているな」と思う項目があれば、節約するチャンスです。
ここで注意してほしいのは、目的のある家計簿をつけること。

家計簿をつける目的を自分の中で決めましょう。
例えば「月に3万は貯金する」や「ローンを早く返済する」など。

目標が決まれば、家計簿の見方が変わり、節約にも気合が入るでしょう。

2.自炊をする

一人暮らしの節約方法の1つは、自炊をすることです。
自炊をすると外食費を抑えられます。

コンビニでごはんを買おうとすると、ついつい余分なお菓子やコーヒーなども一緒に購入してしまうことも。
外食や買い食いをするより、スーパーで食材を買って自炊した方がコスパがいいですよね。

仕事が忙しくて時間がない方は、料理を多めに作ってストックしたり、ネットスーパーで購入できるミールキットを利用したりするのもいいですね。
節約できるのと同時に、健康的な食生活にもなれます。

一人暮らしで自炊をすると、食事に使う費用が大幅に減ります。
コンビニや買い食いの回数を抑えて、節約につながりますね。

3.固定費を見直す

一人暮らしの節約において、固定費を見直すのは重要なことです。
固定費とは、毎月または毎年など、定期的に支払いが必要になる費用のことです。

例えば

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 保険
  • サブスク

これらが固定費になります。

契約した固定費は、決まった金額を定期的に支払います。
なので、生活の中で節約をしても、大幅に生活費を下げることはできません。

固定費の支払先を見直すことで、効果的な節約ができます。
例えばスマホの会社を変更したり、車の保険を見直したり。
使ってない、もしくは他で代用できるサブスクを解約など。
見直せる項目はたくさんあります。

特に生活費の大部分を占める、家賃を安くすると大きな節約になります。
お部屋は一度契約すると、どう頑張っても節約できませんよね。
思い切って家賃の安いお部屋に引っ越すのも、1つの手です。


手軽に滞在先を探すなら「unito(ユニット)




物価が高い東京での一人暮らしでも、なるべく生活費用を抑えたいですよね。
そんな時はサービスアパートメントを利用するのはいかがでしょうか?

サービスアパートメントとは1ヵ月単位で利用できる、家具家電つきの物件のことです。
基本は敷金礼金が必要ないので、初期費用を大幅にカットできます。

サービスアパートメントのお部屋を探すなら「unito(ユニット)」がおすすめです。
unitoには、ホテル暮らしができるホテルと、アパートメントのお部屋が多数掲載しています。

ここからは東京の一人暮らしにunitoがおすすめな理由を3つご紹介!

1.リレント機能で家賃を抑える

unitoの特徴は、リレント機能でお部屋代を節約できることです。
リレント機能を利用すると、あなたがお部屋に帰らない日に、他のお客さんが利用します。

お部屋に帰らない日数だけ、あなたが支払う家賃が減るのです。
例えば友人の家に遊びに行ったり、旅行をしたり、実家に帰る日などに利用できますね。

一般のマンションやアパートなら、一度契約したら家賃の節約ができません。
ですがunitoは日割り計算の家賃なので、契約した後でも生活の費用を抑えられるのです。

2.水道光熱費込みの家賃

unitoは基本、水道光熱費込みの家賃です。
なので月ごとに変動する、水道光熱費の支払いをする必要がありません。

支払いを恐れることなく、安心して快適な温度で生活ができます。
リモートワークやフリーランスの方など、家にいる時間が長いほど生活費がお得になります。

水道光熱費で、生活の費用を気にすることがなくなりますね。

3.駅から近くてお部屋の種類が豊富

unitoに掲載されているお部屋は以下の通りです。

  • マンション
  • アパート
  • ホテル
  • カプセルホテル
  • シェアハウス
  • 戸建て


掲載されている物件が幅広いので、あなたの理想にマッチする暮らし方が見つかりやすいです。
しかも、駅から近いお部屋がほとんどで、会社から徒歩圏内のお部屋を利用できるかもしれません。

まとめ


物価が高い東京で、費用を抑えて一人暮らしをするコツは、支出の大きい家賃を抑えること。
家賃を抑えるのなら、unitoでアパートメントやホテルの利用をおすすめします。

unitoなら家具家電を買いそろえたり、敷金礼金を支払ったりする必要がありません。
手元にある貯金を減らしたくない方にも、おすすめです。

都内中心にお部屋を展開してるので、あなたの住みやすい街にアパートメントがあるのかチェックしてみましょう。

→unitoでお部屋をチェックする

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!