研修の効果を最大化する:宿泊型研修施設の選び方とメリット

会社などでスキルアップのために実施される研修。特に宿泊型研修は、研修の効果が得られやすいと言われています。では、宿泊型研修はどのような施設を利用すれば良いのでしょうか。 本記事では、宿泊型研修施設のメリットと選び方を紹介します。宿泊型研修の実施を検討している方は参考にしてみてくださいね。

宿泊型施設はなぜ研修に良い?

「研修」は、新社会人がビジネスの基礎を学んだり、一定のキャリアがある社会人がさらなるスキルアップを目指すために必要なものです。また、研修を通して人間関係を築けるなどのメリットもあります。
そして、研修は単に情報を得るだけでなく、それを実際の仕事にどう結びつけるかが大切。宿泊型施設での研修は、その効果を最大化することが可能です。その理由は、全員が同じ環境で過ごすことで、集中力を高める効果があるからです。また、日常生活から離れることで、新たな視点や考えが生まれることが期待されます。
そして、宿泊を伴うと一緒に食事する機会などが何度もあるので、参加者間の交流が深まることも大きなメリットです。研修期間中に一緒に過ごすことで、相互理解が深まり、コミュニケーションの質が向上します。宿泊研修を通してできた人間関係が、日頃の仕事にも良い影響をもたらすのです。また、普段は接しない他部署のメンバーなどとの人間関係が広がるのもポイント。
このように、宿泊型施設での研修は、数時間だけで終わる研修と比べ、大きな効果を期待できます。


宿泊型研修施設のメリット

「研修」を目的とした滞在のために、さまざまな施設やサービスなどを備えている宿泊施設があります。宿泊型研修施設を利用するメリットは何なのでしょうか。

深夜までの集中学習ができる

宿泊型研修施設は、泊りがけで研修を行う場なので時間の制約が少なく、深夜まで集中的に長時間学習することも可能です。
また、研修向けの会議室などを用意している宿泊施設の場合、24時間利用可能なところもあるので、周囲の目を気にせず学習に励むことができます。

チームワークが向上する

長時間一緒に過ごすことで、チームワークが向上します。共同作業を通じてお互いの性格や考え方などの理解が深まるので、一体感や連携力を高めることができるのです。また、非日常な環境なので、新たな人間関係を築く絶好の機会にもなるでしょう。

日々の生活から離れた環境で集中力が高まる

宿泊型研修施設では、日常生活から離れて日々の悩みやストレスなどから解放され、集中力を高めることが可能です。また、いつもと違う環境に身を置くことで視野が広がり、新たな気づきが生まれるかもしれません。

快適な宿泊環境でリカバリーできる

宿泊型研修施設はもちろん「宿泊」が目的の場でもあるので、快適な睡眠をとるための設備が整っています。自宅まで電車で揺られて帰る必要などがなく、研修が終わったらすぐに寝られるので、疲れた体を休めることができるのです。
快適な睡眠環境でリラックスして十分な睡眠をとれば、翌日の研修でのパフォーマンスも上がります。また、ゆったり過ごすことで、リフレッシュ効果も期待できるでしょう。

自分と向き合える

宿泊型研修施設での研修では、いつもと違う環境で、自分自身と向き合う時間が増えます。他人と一緒に過ごす時間も長いので、いろいろな人の考え方に触れながら、自己理解も深まるでしょう。

宿泊型研修施設の選び方

宿泊型研修に利用できる施設はたくさんありますが、選ぶ施設によって研修の充実度も左右されます。では、どのような視点で選べば良いのでしょうか。

研修の目的に合っているかどうか

研修の目的と施設の特性が一致しているかどうかは大きなポイントです。例えば、チームビルディングを目的とするならば、チーム活動を行うためのスペースや設備が整っている必要があります。また、いつもと違った非日常な場所で、リフレッシュを兼ねて行うのであれば郊外の自然が多い場所にある施設を選ばなくてはなりませんよね。
研修の目的に合っていない施設を選ぶと、本来の目的を果たせなくなってしまうので注意しましょう。

施設の設備やサービスの充実度

研修の内容によって必要な設備は異なりますが、一般的にはプロジェクターやホワイトボードなどの基本的な設備が整っていることが重要です。また、Wi-Fiや複数の電源なども必要ですよね。さらに、食事が充実しているかどうかやレクリエーションのためのスペースなど、研修の参加者が快適に過ごせる環境かどうかもチェックしておきましょう。

交通の便が良いかどうか

宿泊型研修施設は、都心にも郊外にもあります。研修の目的によって施設の立地を選択する必要がありますが、参加者が集まりやすい場所かどうかは大切なポイントです。
公共交通機関でアクセスしやすいか、郊外の場合は最寄り駅から送迎があるか等、確認しておきましょう。

価格に見合っているかどうか

宿泊型研修施設の料金は、施設の設備やサービス、立地により大きく変わります。予算内で最大限に効果を引き出す研修にするためには、料金とサービスのバランスが合っているかか見極めが必要です。
また、宿泊料金と会議室の利用料などがセットになったお得なプランがある施設もあるので、活用すれば費用を抑えられます。

宿泊型研修施設の事例

宿泊型研修施設での研修は、さまざまな効果をもたらします。ここからは、具体的な宿泊型研修施設の事例をご紹介します。

○L stay & grow晴海

都営地下鉄大江戸線「勝どき駅」から徒歩7分、東京駅から16分の場所に位置する「L stay & grow晴海」。
「研修特化型ホテル」として、研修を円滑に進めるための、まさに“かゆいところに手が届く”サービスを行っています。会議室の予約や宿泊や食事などを一括手配できるので、研修を実施する企業等の担当者の手間を省けます。
また、専任のコンシェルジュが運営をサポートしてくれるので、研修会場のレイアウト等も相談でき、目的に合わせた研修が実現できるのです。
<参考>
https://www.kensyu.jp/casestudy/hr/

○ホテルレイクサイドつくば

都内から1時間でアクセスできる「ホテルレイクサイドつくば」。温泉などもあるリゾートホテルですが、研修向けのプランが充実しています。
例えば新入社員向けには親睦を深められる屋外でのレクリエーション、営業職を対象とした研修では会議室のレイアウトをフレキシブルに対応するなど、研修の目的に合わせてさまざまなメニューを提案しているのが特徴です。
<参考>
https://www.lakeside-tsukuba.jp/training/case.php

研修施設に出向いての研修にはunitoがおすすめ!


宿泊型研修は学びを深められたり、参加者との人間関係が築けたり、多くのメリットがあります。しかし、理想的な宿泊型研修施設は予算的に厳しい場合や、アクセスしにくい場所にある可能性もあります。そういった場合は、研修施設に出向いて研修をすることになりますが、特に長期間の研修であれば、研修施設に近い場所に拠点がほしいもの。
そんな時はサブスク住居「unito(ユニット)」がおすすめです。「unito」は都心を中心に約1,760件のホテルやサービスアパートメントが定額で泊まり放題になるサービス。家具や家電、日用品などが備え付けの物件もたくさんあるので、すぐに生活がスタートできます。
月10日から利用でき、お部屋に滞在していない日は返金される「リレント機能」があるので、研修期間だけお得に活用することが可能。unitoなら、快適な生活をしながら研修施設に通うことができますよ。

→「unito(ユニット)」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/

まとめ|宿泊型研修施設で研修の効果を最大化する


宿泊型研修施設での研修は、研修に集中できるのでしっかりと学ぶことができ、参加者とのコミュニケーションも図りやすいので研修の効果を最大化できます。
宿泊型研修施設を選ぶ際は、研修の目的に合っているか、施設やサービスが充実しているか、予算内に収まるか、といった点で選ぶことがポイントです。
しかし、特に長期間の研修になると、かかる費用も大きくなるので、すべての条件が揃う施設が見つからないこともあるかもしれません。
そんな時は、サブスク住居の「unito」がおすすめです。unitoは都心を中心に約1,760件のホテルやサービスアパートメントが定額で泊まり放題になるサービス。家具や家電が備え付けられている物件もあるので、研修の拠点としてぴったりです。
月10日から利用でき、お部屋に滞在していない日は返金される「リレント機能」があるので、定期的に研修がある場合は、その期間だけ滞在できます。「unito」を活用して、お得に充実した研修期間を過ごしませんか。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!