元々住んでいる賃貸物件で同棲する場合は許可が必要?費用や手続きの流れについて解説

Written by

Written by

多くのカップルが、恋人との関係をさらに深めたいと考え、既に住んでいる賃貸物件にパートナーを迎え入れて同棲を始めることを検討しています。このような決断は、恋愛関係の進展において自然なステップとなり得ますが、賃貸物件での同棲は単に荷物を移動するだけではなく、法的および契約上の側面も伴います。同居人が増えることは、賃貸契約に直接関わるため、特定の手続きや規則を遵守する必要があります。 本記事では、賃貸物件での同棲に際して必要な許可、関連する費用、および手続きの流れについて、詳細に解説します。これらの情報は、スムーズな同棲への移行をサポートし、不必要なトラブルを避けるために役立つでしょう。賃貸物件での同棲は、適

元々住んでいる賃貸物件で同棲する場合は許可が必要

賃貸物件で同居人が増える場合、いくつかの重要な点を考慮する必要があります。

管理会社や大家さんの許可

元々の賃貸契約は、特定の人数や条件での居住を前提にしています。そのため、同居人が増える場合は、管理会社や大家さんからの許可が必要です。このプロセスでは、新しい同居人に関する情報提供や、契約条件の再確認が含まれることがあります。

契約内容の変更

単身で住む場合と2人以上で住む場合では契約内容が異なることがあります。これには敷金や礼金の追加が含まれる場合もあり、賃料が変更になる可能性もあります。

同居できない物件はある?

賃貸物件によっては、同居が許可されていない場合もあります。

短期滞在と同居の区別

一般的に、1週間程度の宿泊は同居人とは見なされないことが多いです。しかし、これは物件や契約によって異なるため、明確に確認することが重要です。

単身向け物件の制限

特定の単身向け賃貸物件や学生マンションでは、一人暮らしの人しか入居できない場合があります。これらの物件は、特定の居住条件や規約に基づいて運営されており、2人以上の居住を許可していないことが一般的です。

これらの点を十分に理解し、適切に準備することで、同棲への移行をスムーズに行うことができます。事前に情報を収集し、必要な手続きを確実に行うことが重要です。

同居人が増える場合に必要な費用

賃貸物件で同居人が増える際には、以下のような追加費用が発生する可能性があります。

事務手数料

契約内容の変更や新しい同居人の登録に際して、管理会社や大家さんが徴収する手数料です。この費用は物件や管理会社によって異なります。

敷金・礼金の追加

新しい同居人の追加により、契約の条件が変わる可能性があります。その結果、追加の敷金や礼金が必要になることがあります。これらは、賃貸契約の保証として、または物件のメンテナンス費用として使用されることが一般的です。

賃貸で同居人が増える場合に必要な情報・書類

同居人を追加する際には、以下の情報と書類が必要となります。

■ 同居人の必要な情報


  • 個人情報: 氏名、性別、生年月日、電話番号。
  • 職業情報: 職業、年収、勤続年数、勤務先の詳細。
  • 関係性: 契約者との関係性(続柄)。
  • 緊急連絡先: 緊急時に連絡を取ることができる人物の情報。


■ 同居人の必要書類


  • 身分証明書: 顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポートなど)のコピー。
  • 健康保険証: 健康保険証のコピー。
  • 住民票: 現住所の住民票(発行から3ヶ月以内のもの)。


これらの情報と書類は、賃貸契約の変更時に管理会社や大家さんに提出する必要があり、新しい同居人の身元確認や契約内容の調整に使用されます。これらの手続きを適切に行うことで、賃貸物件での同居人の増減をスムーズに進めることができます。

賃貸で同居人が増える場合の変更手続きの流れ

同居人を追加する際には、以下の手続きが必要です。

管理会社や大家さんへの連絡:

まずは、現在の管理会社や大家さんに連絡し、同居人を追加したい旨を伝えます。この段階で、同居に関する基本的な規則や条件を確認します。

契約内容変更届の記載

提供される契約内容変更届に、新しい同居人に関する情報を記入します。この際、同居人との連名契約に変更することも可能ですが、その場合は追加の手続きや条件が伴うことがあります。

必要書類の返送

新しい同居人の身分証明書や健康保険証、住民票などの書類を集め、契約内容変更届と共に管理会社や大家さんへ返送します。これらの書類は、新しい同居人の身元確認や契約内容の調整に必要です。

賃貸の同居人が減る場合の手続きの流れ


同居人が減る場合の手続きは、以下の通りです。

契約者が1人の場合

同居人が減った場合、契約者が1人であれば、通常は書類上の手続きだけで済みます。この手続きは、管理会社や大家さんによって異なる場合があります。

連名契約の場合

連名で契約している場合は、再審査や再契約が必要になることがあります。この場合、連帯保証人の協力も求められることがあり、新しい契約条件の確認や調整が必要です。

これらの手続きを適切に行うことで、賃貸物件での同居人の増減をスムーズに進めることができます。特に連名契約の場合は、契約条件の変更が伴うため、慎重な対応が必要です。

unito|同棲できる賃貸物件をお探しならunito

同棲を検討しているカップルにとって、unitoは理想的な賃貸物件を提供する優れた選択肢です。

カップル入居可能

unitoでは、カップルが共に生活できる物件が豊富に用意されており、パートナーとの共同生活をスタートさせるのに適しています。

スマホで簡単契約

複雑な手続きを省き、スマートフォンを利用して簡単かつ迅速に契約を完了できます。これにより、時間と手間を大幅に節約することが可能です。

最短1ヶ月での退去可能

短期間の滞在から長期の居住まで、柔軟な契約期間が提供されています。これにより、未来の計画に応じて容易に住居を変更することが可能です。
家具家電付き: 初期投資を最小限に抑え、引っ越しの手間も省けます。家具や家電が備え付けられているため、新生活をすぐに始められます。

まとめ

賃貸物件での同棲は、カップルにとって大きな一歩です。その際、2人で入居できる物件を選ぶことが重要で、unitoはその選択を容易にします。契約手続きの簡素化、柔軟な居住条件、家具家電付きの物件といった特徴は、同棲を計画するカップルにとって大きなメリットです。同棲に際しては、事前に賃貸契約の変更や必要書類、費用などを確認し、準備を整えることが肝要です。これにより、カップルは問題なく、幸せで安心した同棲生活を送ることができるでしょう。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!