初めての賃貸マンション!初期費用から抑えるポイントまでご紹介!

Written by

賃貸マンションを選ぶ際、多くの人が憧れる一方で、初期費用に関する不安を抱えていることが少なくありません。特に、一人暮らしやカップルでの新生活をスタートさせる際には、予算内で理想の住まいを見つけることが大きな課題となります。賃貸マンションに引っ越す際にかかる初期費用には、敷金や礼金、仲介手数料など多岐にわたる費用が含まれますが、これらの費用が具体的にどの程度になるのか、また、費用を抑えるための工夫は何があるのかは、事前に知っておくと安心です。 この記事では、賃貸マンションへの引っ越しを考えている方が直面するであろう初期費用の問題に焦点を当て、その内訳や相場、さらには費用をできるだけ抑えるためのポイントについて詳しく解説します。また、予算が限られている場合の対処法についても触れ、初めての賃貸マンション選びをサポートします。

そもそもマンションとアパートの違いとは?

住まいを選ぶ際に、「マンション」と「アパート」という言葉を頻繁に耳にしますが、これらの間には一体どのような違いがあるのでしょうか?実は、マンションとアパートを明確に区別する法律上の定義は存在しません。多くの場合、これらの区分はハウスメーカーや不動産会社が独自に設けた社内規定に基づいています。

一般的な認識としては、マンションは比較的大規模な建物で、鉄筋コンクリート(RC)構造や鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)構造で建てられており、アパートは規模が小さく木造や軽量鉄骨構造で建てられることが多いとされています。しかし、これはあくまで一つの目安に過ぎず、同じ建物が異なる管理会社によってマンションとしても、アパートとしても扱われることがあります。

賃貸マンションに引っ越す時の初期費用とは?

賃貸マンションに引っ越す際に必要となる初期費用は、新しい生活を始める前に把握しておくべき重要なポイントです。一般的には、家賃の5倍から6倍程度が目安とされていますが、この費用にはどのようなものが含まれるのでしょうか?

■ 敷金

敷金は、入居者が家賃を滞納した場合や、退去時に部屋の原状回復が必要な場合に備えて、大家へ前もって支払う保証金です。通常、家賃の1ヶ月から2ヶ月分が敷金として設定されていますが、物件によっては敷金なしで契約できる場合もあります。ただし、敷金がない場合、退去時にハウスクリーニング代が別途請求されることが一般的です。

■ 礼金

礼金は、物件を借りる際に大家へ支払う謝礼金で、契約成立の感謝を示すためのものです。家賃の1ヶ月分から2ヶ月分が一般的な礼金の範囲ですが、最近では礼金不要の物件も増えています。

■ 仲介手数料

物件を仲介する不動産会社へ支払う手数料で、家賃の0.5ヶ月分から1ヶ月分プラス消費税が目安です。ただし、仲介手数料無料のキャンペーンを実施している不動産会社もあるため、物件選びの際には確認が必要です。

■ 日割り家賃

入居する月の家賃を日割りで計算したものです。入居日が月末に近いほど、支払う日割り家賃は少なくなります。

■ 前家賃

多くの物件では、契約時に翌月分の家賃を前払いする必要があります。ただし、入居日によっては前家賃が不要な場合もあります。

■ 火災保険料、鍵交換費用、その他

火災保険への加入は任意ですが、多くの物件で推奨されており、1万5,000円から2万円程度が相場です。また、セキュリティ向上のために入居時に鍵を交換する費用や、保証料、消臭・消毒費用などが発生することもあります。

これらの初期費用を総合すると、実際に必要な金額は物件や立地によって大きく異なりますが、全体の目安として家賃の4.5倍から5倍程度を見積もっておくと良いでしょう。

アパートよりマンションのほうが初期費用は高い?

賃貸物件を選ぶ際、多くの人がアパートとマンションの初期費用について疑問を持ちます。一般的には、マンションはオートロックやエレベーター、管理人が常駐するなどの付加価値があり、これらのセキュリティや快適性を高める機能が初期費用や家賃を押し上げる要因となり得ます。しかし、アパートとマンションの初期費用を一概に比較することはできません。立地や建物の新しさ、提供されるサービスなど、多くの要因が費用に影響を与えます。そのため、マンションが必ずしもアパートより高いわけではなく、選択肢を広く探求することが重要です。

賃貸マンションの初期費用を抑える3つのポイント

初期費用の一部が0の物件を探す
敷金や礼金が不要、または大幅に削減されている物件を選ぶことで、初期費用を大きく減らすことが可能です。

フリーレントの物件を探す

入居初期の数ヶ月間、家賃が免除されるフリーレント物件を利用することで、初期の出費を抑えることができます。

条件を柔軟にする

立地の選択肢を広げたり、物件のサイズや設備について柔軟に考えることで、より経済的な選択肢を見つけることができます。

追加のポイント

複数の不動産会社に見積もりを依頼し、仲介手数料が低い、または無料の物件を探すことも、初期費用を抑える効果的な方法です。

初期費用が払えないときの解決策

資金計画に不安がある場合、クレジットカードでの分割払い、カードローンの利用、または分割払いに対応している不動産会社を利用することも一つの方法です。これらのオプションを利用することで、負担を分散し、支払いを容易にすることができます。

unito|初期費用を抑えたいならunitoがオススメ

賃貸マンションの初期費用を抑えるためには、unitoのようなサービスが非常に有効です。unitoでは、家具や家電が備え付けられた物件を提供しており、これらのアイテムにかかる初期投資を節約できます。また、wifiや水道、電気、ガスの費用が含まれているため、毎月の固定費を削減することが可能です。

さらにユニークなのは、「リレント」サービスです。これは、住んでいない期間に自分の部屋を他人に短期間貸し出すことができるサービスで、この収入を利用して家賃を賄うことができます。これらのサービスを活用することで、初期費用だけでなく、長期にわたる住居費の負担を大幅に軽減できるでしょう。

まとめ

賃貸マンションに移る際には避けられない初期費用ですが、これを賢く管理することで、負担を大きく減らすことが可能です。敷金や礼金、仲介手数料など、さまざまな費用が家賃の5倍から6倍に上ることがありますが、これらのコストを削減する方法は多数存在します。

具体的には、家具家電付きの物件を選ぶ、フリーレントの物件を探す、条件を柔軟にする、複数の不動産会社に見積もりを依頼する、そして仲介手数料の安い物件を選ぶことが挙げられます。また、unitoのようなサービスを利用することで、初期費用だけでなく、長期的な住居費も抑えることができます。

自分に合った物件を見つけ、賢くコストを管理することで、新生活をスムーズに、そして経済的にスタートさせましょう。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!