これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

老後の住まいに求める条件とは?快適で安全な生活の実現方法

この先、老後を迎える人は「快適で安全な住まいの条件を知りたい」そう思う人もいますよね。歳をとるほど、住まいがどれほど快適なのかが重要視されます。 なぜなら体に負担のある住まいだと、怪我につながる可能性もあるのです。体の面で快適に、セキュリティや災害の面で安全な暮らしをしたいものです。この記事では、老後の住まいに求めたい条件について解説します。

老後の住まいを快適にする条件

体の面で、老後の住まいを快適にする条件をご紹介します。


①バリアフリーになっている

老後の住まいに求められるものは、バリアフリーではないでしょうか。
バリアフリーとは、高齢者や障害のある人が過ごしやすいように、物理的な障害をなるべく少なくした状態です。

例えば、車椅子でも通りやすいように廊下の幅に広さがあったり、段差の少ない構造がバリアフリーと呼ばれています。
要介護になっても過ごしやすいかどうかを基準に、お部屋を選びましょう。

②利便性の高い周辺環境

老後に車を手放す人も多いでしょう。
そのため、歩きでも困らない程度の、利便性の高い周辺環境が便利です。

住まいの周辺に、スーパーや薬局、病院などの環境が整っていれば望ましいです。
遠くへ出かけるのにも困らないように、バスや駅が近いと、なおいいでしょう。


③お部屋がちょうどいい広さ

お部屋が広すぎず狭すぎないのも、老後の住まいを快適にする条件です。
広すぎると、部屋の管理が大変になります。
反対に狭いと窮屈に感じ、要介護になった際に動きづらく感じます。

家族の人数にもよりますが、お部屋が少し余裕のある広さだと過ごしやすいです。
さらに、老後は階段の上り下りが負担になってきます。
ワンフロアで食事から入浴まで、全ての生活をこなせる環境が望ましいです。


④住まいの管理場所が少ない

住居の管理場所を少なくするのも、老後の住まいを快適にする条件です。
例えば戸建てだと、外壁や庭、屋根などのメンテナンスが必要になります。
住まいを整えるためには、自分で掃除したり誰かにお願いしないといけません。

お庭の手入れや、家庭菜園が趣味であれば手間には感じないでしょう。
そうでなければ、庭のない住まいでも問題ないです。
住居管理の手間を減らしたい人は、マンションやアパートなど、管理人がいる住まいを選びましょう。


老後の住まいが安全であるための条件

防犯や災害の面を見て、老後の住まいが安全性のある条件をご紹介します。


①オートロックがある

防犯面から見て、オートロックがあると安心です。
オートロックとは、マンションの出入り口にある設備のことです。
住人のみが知る暗証番号を機械に入力することで、マンションの出入口が開きます。

外部者がマンションの内部へ侵入するのを防ぐために、オートロックが設置されています。
そのため、安心してマンション内で過ごせます。

しかし、オートロックがあっても、侵入されるケースもあります。
戸締りなどをして用心が必要なのは変わりません。
しかし、オートロックがあることでセキュリティ対策になるので、なるべくオートロックが設置されている住まいだと安心です。

②管理人がいる賃貸

管理人がいるマンションやアパートといった賃貸だと、よりセキュリティが守られます。
空き巣を狙う人は、人目を嫌がります。
そのため、管理人がマンション内にいてくれるだけで、犯罪抑止になります。

また、管理人が近くにいると、家のことで困ったことがあればすぐに相談できます。
鍵をなくしたり、部屋の設備が故障したときは、すぐに対応してくれるでしょう。

管理人の業務の1つとして、廊下やゴミ捨て場など、他の住民と一緒に使用する場所の掃除があります。
マンションの共用部分も管理をしてくれるので、清潔な状態で過ごせます。


③近所の人と関りが持てる

老後の住まいで、近所の人と関わりが持てると安心につながります。
例えばあなたが留守にしていても、近所の人の目があれば防犯性も上がります。

近所の人と挨拶したり、少しお話したりするだけでもいいのです。
誰かと交流を持つことが、防犯にもつながります。
実際に、近所との繋がりが盛んな地域だと、空き巣の予防になると言われています。

④耐久性の高い鉄骨造

いつ地震などの災害に見舞われるかわかりません。
万が一の可能性を考えると、耐久性の高い鉄骨構造の住まいを選ぶといいでしょう。

鉄骨の素材によりますが、木造と比較して、鉄骨造は地震の耐久性が高いです。
鉄は揺れるとしなるので、揺れのエネルギーを抑えます。
災害を恐れている人は、鉄骨造の建物を選ぶとより安心でしょう。


老後の住まいを選ぶ上で経済面の条件

経済面から見て、老後の住まいを選ぶ条件をご紹介します。

①高すぎない住居費用

どんなに良い住まいを見つけたとしても、経済的に維持できなければ意味がありません。
老後に残る貯蓄と年金を計算して、無理のない住居費用の計画を立てましょう。

収入の20%~30%で、住居費を考えるのが理想的と言われています。
しかし老後の住まいに最適である、バリアフリーの住居や、利便性の高い立地の住居費が高くなりやすいです。

老後でも暮らしやすい持ち家を所持している方なら問題はないです。
新たに住む場所を考えている人は、支払いに無理のない、住居費の予算を考えてみましょう。


②メンテナンス費用が少ない

持ち家の場合、10年や20年と過ごしていると、どうしてもメンテナンスが必要になってきます。
例えば外壁や屋根、水回りなどです。

差はありますが、リフォームにそれぞれ20万円~200万円ほどかかります。
持ち家で長い期間を過ごしていれば過ごしているほど、修繕する箇所が増えていきます。

マンションやアパートに住んでいる場合、メンテナンスは管理会社が行うので、手間と費用がかかりません。
メンテナンス費用の面を見ると、賃貸は経済的な負担が少ないのです。


③税金の支払いが少ない住まいを選ぶ

老後はなるべく「無駄な出費をしたくない」と考える人も多いと思います。
そんな中で、税金の支払いが多いと経済的な負担がかかります。

特に、戸建てを所持している人は毎年、固定資産税の支払いが必要です。
反対に賃貸は家賃がかかりますが、メンテナンス費や税金の支払いを、まとまって支払うことがありません。
税金の支払いを少なくするなら、賃貸の住まいがおすすめです。

健康的な老後の住まいを選ぶ条件

老後の住まいでオススメなのが、コンクリート造の建物です。
老後の生活で気をつけたいのは、ヒートショックではないでしょうか。
ヒートショックとは、温度差によって血圧が急に上がったり下がったりして引きおこる症状です。

ヒートショックは最悪、脳梗塞や心筋梗塞を招きます。
特にお風呂場で、ヒートショックが起こりやすいと言われています。
住居での対策としては、室内の温度差をなくすことです。

コンクリート造の建物は、断熱性が高いです。
そのため、室内の温度差を少なくします。
他には、お風呂場の暖房設備や、床暖房がヒートショックの対策になります。
老後の住まいを選ぶ際はまず、コンクリート造かどうかを確認してみてください。

unito|住まいを持たなくても快適に老後にくらすために




老後の住まいを選ぶ基準はさまざまです。
ちょうどいい広さでセキュリティ対策がされており、負担になりすぎない住居費などが挙げられます。
税金の負担を少なくするためには、賃貸という選択肢も出てきましたね。

unito(ユニット)なら、住まいを持たなくても、老後を快適に過ごすことが可能です。
unitoでは、住まいのサブスクを提供しています。
マンスリーマンションから戸建てまで、ニーズに合わせて幅広く物件を選べます。

「老後はゆっくり旅行に行きたい」「子ども夫婦の家にお邪魔するかも」このように老後の過ごし方を考える人もいるでしょう。
unitoの物件は、外泊した分だけ家賃が節約できる「リレント機能」があります。
リレント機能を活用すると家賃を抑えつつ、外泊を楽しめます。

さらに、unitoで掲載されている多くの物件が、駅から近くの好立地です。
お出かけや買い物に困らないので、老後の住まいには最適と言えます。

老後の住まいについて考えている人は、まずunitoの物件を覗いてみてくださいね。
「unito」の詳細はコチラ

いろいろな条件をもとに老後の住まいを決めよう

これまで、老後の住まいに求める条件をご紹介しました。
快適な住まいを選ぶには、お部屋がちょうどいい広さでバリアフリーであることと、管理する場所が少ないこと。
家の周辺環境は利便性が高いと、車を手放しても困らずに生活ができます。

安全面では、お部屋にオートロックがあり管理人がいると、セキュリティが高くなります。
災害時に強い建物がいい場合は、鉄骨造の建物を選びましょう。

経済的に負担が少ないように、無理のないローンや家賃で支払い計画を立てます。
賃貸に住んで、税金とメンテナンス費を抑えるのも1つの手です。
老後に心配なヒートショックを予防するために、お風呂場に暖房の設備があるか、コンクリート造なのかチェックしてみてください。

これらの条件を考慮するほど、より快適で豊かな生活を送れるでしょう。
ぜひこの記事を参考に、老後の住まいを選んでくださいね。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!