ラグジュアリーホテルの特徴って?気になる点を徹底解説!

ホテルに滞在すること自体が旅の目的の「ホテルステイ」。近場のホテルを選べば交通費がかからないので、その分の予算を使って、ラグジュアリーホテルに宿泊してみるのはいかがでしょうか。 いつもと違う非日常の空間で過ごすことは、きっとリフレッシュできる時間になるはず。 今回はラグジュアリーホテルについて徹底解説します。都内の有名ラグジュアリーホテルも紹介するので、お楽しみに!

ラグジュアリーホテルの定義や特徴とは?

ラグジュアリーホテルとは、主に富裕層をターゲットとした、ホテルの価格帯の中で最高ランクのホテルを指します。価格に見合った豪華な客室や、館内の内装や設備などが特徴で、質の高いサービスを提供しています。
また、レストランやプール、エステなどの施設やサービスを楽しめることもラグジュアリーホテルの特徴。宿泊するだけでなく、ホテル自体に魅力があり、さまざまな最上級の体験ができます。

ラグジュアリーホテルと高級ホテルって違うの?

ラグジュアリーホテルと「高級ホテル」は同じイメージを持っている方も多いと思いますが、両者に違いはあるのでしょうか。
じつは日本ではホテルのランクを分ける明確な定義などはありませんが、海外ではホテルの価格帯別に下記の5つのグレードがあります。

・ラグジュアリー(最高級ホテル、客室単価4万円以上)
・ハイエンド(高級ホテル、客室単価3万円以上)
・ミドル(中級ホテル、客室単価2万円以上)
・エコノミー(一般的なホテル、客室単価1万円以上)
・バジェット(低価格帯のホテル、客室単価1万円以下)

ラグジュアリーホテルや高級ホテルは客室単価が高いだけでなく、レストランやバーなどの飲食を楽しめる場など、さまざまなサービスがそろっていることが一般的です。
また、ラグジュアリーホテルと高級ホテルの定義には曖昧な部分もあります。客室単価はあくまで目安としましょう。

都内の有名なラグジュアリーホテルの例を5つ紹介

都内にはたくさんのラグジュアリーホテルがあるので、どこに泊まろうか悩んでしまいますよね。ここからは、都内の有名なラグジュアリーホテルを紹介します。次のステイの参考にしてみてくださいね。

➀アスコット丸の内東京



大手町駅直結、東京駅まで徒歩10分というアクセス抜群の立地が魅力の「アスコット丸の内東京」。エレガントで洗練された空間で、全室に家具、バスタグ、キングサイズベッドがあり、キッチンや調理器具や食器などが用意されている部屋もあります。まるで自宅のように寛げるので、短期滞在にも長期滞在にも向いているでしょう。
自炊するだけでなく、シンガポール料理やチャイニーズ料理を楽しめるスタイリッシュなレストランがあるのも魅力。エクササイズ用プールや24時間利用できるジムなどの設備も充実しています。

→「アスコット丸の内東京」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/listing/1920

②メルキュール東京銀座



地下鉄有楽町線「銀座一丁目駅」に直結している「メルキュール東京銀座」。歌舞伎座、築地場外市場、東京駅なども徒歩圏内なので立地の良さがポイントです。
そして、フランス発のホテルブランドらしく、上質で洗練されたまるでパリのような空間が魅力。フランスのクラフトビールとチーズをお部屋で楽しめるプランなども用意されているので、おこもりステイを楽しむこともできます。
朝食では、フランスから冷凍空輸された生地を使ったクロワッサンやバゲットが好評。短期滞在にも長期滞在にも向いているホテルです。

→「メルキュール東京銀座」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/listing/1274

③ホテルメトロポリタン丸の内




JR東京駅日本橋口直結の「ホテルメトロポリタン丸の内」。ロビーは27階にあり、都会の喧騒から離れた静けさあふれる空間は、まさに「天空ホテル」です。
客室はハイセンスで都会的な雰囲気。開放感のある作りになっていて、高い天井と大きな窓が、ゆったりとした気分にさせてくれます。
東京駅の列車を階下に眺められる「トレインビュー」の客室も人気。上空約120mの高さにある「天空レストラン」で最高クオリティーのフレンチを楽しめるなど、ラグジュアリーホテルらしい食の体験も魅力です。

→「ホテルメトロポリタン丸の内」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/listing/2510

④コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション



「京橋トラストタワー」内にある「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」。東京駅まで徒歩4分、銀座も徒歩圏内というアクセスの良さがポイントです。
個性的なインテリアの客室や、ビストロ料理を堪能できるレストラン、レジデシャルな感覚で利用できる「ライブラリーバー」など施設が充実しているのも魅力。モバイル世代のニーズもしっかり考えられているので、リモートワークも快適に進められます。

→「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/listing/2307

⑤オークウッドプレミア東京




JR東京駅に隣接する「オークウッドプレミア東京」。鉄鋼ビルディング南館にある商業施設ビルの6階から最上階の19階にあり、ビジネスや観光に便利な立地が魅力です。
全室に食器や調理器具、IHタイプのキッチン、冷蔵庫、洗濯乾燥機などが備え付けられているので、長期滞在にもぴったり。東京のど真ん中で「暮らす」ことができるんですよ。
1階のエントランスから客室のあるフロアまでは宿泊者のみしか行けないようになっていて、セキュリティがしっかりしていることもポイント。宿泊者だけが利用できる「レジデンツ・ラウンジ」では、仕事や読書、夜景を眺めながらお酒を楽しむなど思い思いの過ごし方ができます。

→「オークウッドプレミア東京」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/listing/2714

ラグジュアリーホテルを選ぶ際に注意すること・おすすめの選び方とは?

ラグジュアリーホテルにせっかく泊まるのなら、じっくりホテル選びをしたいですよね。ラグジュアリーホテルを選ぶ際のポイントは下記のとおりです。

〇宿泊の目的で選ぶ

ホテルステイの目的に合ったホテルを選ぶのがポイントです。食を楽しみたかったのに食べたいジャンルのレストランがなかった、仕事もしたいけれど大きな机がなかった、といった場合、満足度が下がってしまいますよね。
「何の目的で泊まるのか?」ということを優先してホテル選びをすると、ぴったりのホテルがきっと見つかります。

〇サービスで選ぶ

ラグジュアリーホテルはさまざまなサービスが用意されていることも魅力です。行ってみたいレストランがある、気になるスパがあるといった施設面で選ぶも良し、ホテルマンのホスピタリティを学びたい、といった視点で選ぶのも良いでしょう。

〇エリアで選ぶ

宿泊の目的がビジネスなのか観光なのか、短期滞在か長期滞在かにより、どのエリアを選ぶかが変わってきます。利用する路線の沿線駅にあるといった選び方もできるでしょう。

東京都内でラグジュアリーホテルを探すなら「unito(ユニット)


コロナ禍で人気の余暇の過ごし方になった「ホテルステイ」。せっかくホテルステイをするなら、ラグジュアリーホテルに泊まってみたいですよね。しかし、度々泊まるわけではないので、どこのホテルを選べば良いか迷ってしまうもの。
ところが、サブスク住居「unito(ユニット)」を使えば、1泊だけでなく定期的にラグジュアリーホテルに宿泊できます。「unito」とは、都内を中心に約1,280件のホテルやサービスアパートメントが定額で泊まり放題のサービス。ラグジュアリーホテルもリストアップされていて、月3日から利用でき、お部屋に滞在していない日は返金される「リレント機能」があるのも魅力。
費用を抑えつつ、ラグジュアリーホテルに頻繁に滞在できるのです。

→「unito(ユニット)」について、詳しくはこちら!
https://unito.life/

まとめ

東京には有名なラグジュアリーホテルがたくさんありますが、何度も宿泊するのはお財布的に厳しいものです。ホテルのサブスク「unito」なら、ラグジュアリーホテルも含む約1,280件のホテルなどが泊まり放題。月3日から、滞在した日数分だけ利用できるので、無理なくラグジュアリーホテルに宿泊できます。
「unito」で、東京のラグジュアリーホテルをとことん楽しんでみませんか。


line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!