フリーレント物件とは?フリーレント物件の場合の初期費用や、メリット・デメリット、選ぶ際の注意点を解説

Written by

賃貸物件を探す過程で、しばしば「フリーレント」という言葉を目にすることがあります。インターネットの物件情報や不動産広告で見かけるこの用語は、多くの賃貸探しをする人々にとって関心の対象ですが、その具体的な意味や内容は明確に理解されていないことが多いです。 フリーレント物件は、特定の条件下で独自のメリットを提供する賃貸の形態です。本記事では、このフリーレント物件について詳しく解説します。具体的には、フリーレント物件とは何か、この種の物件の場合に期待される初期費用、メリットとデメリット、そしてフリーレント物件を選ぶ際に留意すべき点について説明します。これにより、賃貸物件を選ぶ際の一つの選択肢として、フリーレント物件を理解し、検討する際の参考にしていただければと思います。

フリーレント物件とは?


フリーレント物件という用語は賃貸市場でよく耳にしますが、その実態については知らない方も多いかもしれません。フリーレント物件とは、文字通り、入居者が一定期間、家賃を支払わなくても良い賃貸物件のことを指します。このような物件は、入居後の初期段階で家賃の負担を軽減することを目的としています。

家賃無料期間の長さ

一般的に、フリーレント期間は1ヶ月から2ヶ月が多く見られますが、物件や条件によっては3ヶ月間家賃が免除されるケースもあります。これは特に、新築物件や入居率を高めたい物件でよく見られる傾向です。

対象物件の種類

フリーレントが適用される物件は多岐にわたります。一般的なアパートやUR賃貸はもちろんのこと、高級マンション、タワーマンション、デザイナーズマンション、さらにはシェアハウスにもこの制度が適用される場合があります。

フリーレント期間の特定

フリーレント物件では、どの期間が家賃無料となるのか、契約内容によって異なります。例えば、契約の翌月分の家賃がフリーレントとなり、初期費用としてその月の日割り家賃のみ支払うケース、または翌々月分の家賃が免除される場合もあります。月途中での契約の場合、その月の日割り家賃がフリーレントとなることもあります。

フリーレント物件は、特に初期費用を抑えたい入居者にとって魅力的な選択肢です。しかし、契約内容の詳細を理解することが重要であり、その条件や適用範囲をしっかりと確認する必要があります。

フリーレント物件がある理由


不動産市場で見かけるフリーレント物件は、特定の理由からこのような独特な賃貸方式を採用しています。フリーレント制度は、単に魅力的なプロモーションツールではなく、実際には物件オーナーにとっても多くのメリットがあります。

長期の空室を避けるため

フリーレント制度の主な目的の一つは、物件の長期空室を避けることです。家賃の一部を無料にすることで、物件はより魅力的になり、潜在的な借り手にとって選択しやすくなります。これにより、物件オーナーは短期間で入居者を確保し、長期的な収益損失を避けることができます。

平等性の維持

フリーレントを提供することには、平等性の維持という側面もあります。物件オーナーが単純に家賃を下げることを選ぶと、既存の入居者から同様の家賃削減を求められる可能性があります。これに対して、フリーレント制度を導入することで、新規入居者に対する一時的な特典を提供しつつ、既存入居者との家賃格差を生じさせることなく、全体的な平等性を保つことができます。

フリーレント物件の利点

フリーレント制度は、入居者にとっても大きなメリットがあります。初期費用を大幅に削減できるため、特に予算が限られている入居希望者にとっては、このような物件は非常に魅力的です。また、引っ越しに伴う費用や、新しい生活のスタートに必要な準備期間を考慮すると、フリーレント期間は大きな助けとなります。

フリーレント物件は、賃貸市場において互いに利益をもたらす独特な存在です。物件オーナーは空室リスクを最小限に抑え、入居者は初期費用を削減できるという、双方にとって有益な選択肢となっています。

フリーレント物件の場合、初期費用はいくらになる?

フリーレント物件を選択することは、初期費用に大きな影響を及ぼします。一定期間の家賃免除があるため、初期の金銭的負担を軽減できる一方で、他の費用は通常通り発生します。

家賃免除による初期費用の削減

フリーレント物件の主な魅力は、1ヶ月から2ヶ月分の家賃が免除されることです。これにより、入居当初の家賃負担が大幅に軽減されます。契約内容によっては、引っ越し当月の日割り家賃や翌月分の家賃が無料になる場合があります。

その他の初期費用

フリーレント物件でも、以下のような初期費用は発生します:

  • 日割り家賃: 入居日によって異なりますが、家賃の1日から1ヶ月分が目安です。
  • 敷金: 通常、家賃の1ヶ月から2ヶ月分が必要で、物件の状態を保証するために用いられます。
  • 礼金: 家賃の1ヶ月から2ヶ月分が一般的ですが、礼金不要の物件も増えています。
  • 仲介手数料: 家賃の0.5ヶ月から1ヶ月分+消費税が目安です。
  • 火災保険料: 1万5,000円から2万円程度が相場です。
  • 鍵の交換費用: 1万円から2万円程度が必要です。
  • ハウスクリーニング代: 3万円から4万円程度がかかることがあります。
  • 消臭・消毒費用: 1万5,000円から2万円程度が必要です。
  • 引っ越し代: 単身の場合は3万円から10万円が目安です。
  • 保証料: 1万円から3万円、または月額賃料総額の30%から100%が一般的です。
  • 家具・家電の購入代: 新生活に必要な家具や家電には、20万円から30万円程度かかることが一般的です。


フリーレント物件のメリット

フリーレント物件は、特定の条件下で多くのメリットを提供します。これらの利点は、特に初期費用の負担が重くのしかかる入居者にとって魅力的です。

初期費用の軽減

フリーレント物件の最大のメリットは、初期の家賃負担が軽減されることです。これにより、特に予算に限りがある入居者は、移転時の財務的なストレスを大幅に削減できます。

家賃の二重払いの回避

賃貸契約の期間が重なる場合、特に引っ越し期間中に旧居と新居の両方に家賃を支払う必要が生じることがあります。フリーレント物件では、このような家賃の二重払いを避けることができるため、移転のタイミングを柔軟に調整できます。

引っ越しの時間を確保

フリーレント期間中は家賃の支払いが免除されるため、入居者は新しい住まいにゆっくりと移ることができます。これにより、引っ越しに関連するストレスを軽減し、新生活の準備に十分な時間を確保できます。

フリーレント物件のデメリット

フリーレント物件は多くのメリットを提供しますが、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。

途中解約時の違約金

フリーレント物件を途中で解約する場合、違約金が発生する可能性があります。このため、契約期間を満了する意志がない場合は、フリーレント物件の選択に注意が必要です。

家賃の高設定

一部のフリーレント物件では、家賃が市場価格よりも高めに設定されていることがあります。これは、家賃無料期間を補うための措置として行われることがあります。

物件数の限定

フリーレント物件は市場全体で見ると比較的少数です。したがって、選択肢が限られる可能性があり、希望する地域や物件タイプによっては適切なフリーレント物件を見つけるのが難しい場合があります。
フリーレント物件は、特定の条件下で多くの利点を提供しますが、一方でいくつかの潜在的なリスクも存在します。物件選びの際には、これらのメリットとデメリットを総合的に検討し、自身のニーズや計画に最適な選択をすることが重要です。

フリーレント物件を選ぶ際の注意点

フリーレント物件の選択は、その特有のメリットを享受する一方で、いくつかの注意点を理解しておく必要があります。これらの点に注意を払うことで、不測の事態や予期せぬ費用を避けることができます。

管理費や共益費の発生

フリーレント物件でも、管理費や共益費が発生することがあります。これらの費用は家賃に含まれず、別途支払う必要があります。物件選択時には、これら追加費用の有無と金額を確認しておくことが重要です。

契約更新月の確認

フリーレント物件を選ぶ際には、契約の更新月にも注意が必要です。例えば、12月に契約をした場合、通常は12月に契約更新の判断をしなければなりません。将来的に引っ越しを考えている場合、更新月が計画に影響を及ぼす可能性があるため、この点を考慮することが重要です。

unito|賃貸契約時にかかる費用を抑えたいならunitoがオススメ

賃貸契約における初期費用を抑えたい場合、unitoが有効なオプションとなります。

家具家電付き

unitoの物件は、家具や家電が備え付けられており、これらの購入費用を節約できます。

wifi・水光熱費含む

必要な光熱費が含まれており、追加の費用負担を避けることができます。

リレント機能

自宅にいない日に部屋を他人に短期間貸し出し、家賃を一部回収することが可能です。

まとめ

フリーレント物件は、入居後の一定期間、家賃が発生しない特性を持つ賃貸物件です。これにより、初期費用の負担を大幅に軽減できる可能性があります。しかし、フリーレント期間に免除されるのは家賃のみで、その他の初期費用は依然として発生します。また、フリーレント物件はメリットがある一方で、管理費や契約更新時の注意点など、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。したがって、フリーレント物件を選択する際は、これらの点を総合的に検討し、自分のニーズに合った選択を行うことが重要です。




line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!