お金が無くても同棲できる?同棲する際にかかる費用の目安や、費用を抑える方法、同棲カップルが貯金するためのポイントについて解説

Written by

Written by

「同棲したいけどお金がない!」このように感じているカップルは少なくありません。「貯金なしでも同棲はできるのか?」という疑問や不安は、多くのカップルが共有する課題です。経済的な制約がある中での同棲は確かに挑戦ですが、それで夢を諦める必要は必ずしもありません。 本記事では、貯金がない状態での同棲の可能性について掘り下げます。さらに、同棲にかかる費用の目安、費用を抑える方法、そして同棲中のカップルが貯金するための効果的なポイントについて詳しく解説します。これらの情報を通じて、財政的な不安を抱えるカップルに対して実用的なアドバイスを提供したいと思います。

貯金なしでも同棲できる?

多くのカップルが同棲を考える際、経済的な制約が大きな懸念事項となります。特に貯金がない場合、その心配はさらに大きくなります。では、貯金がなくても同棲は可能なのでしょうか?
可能ですが、初期の困難が伴います

  • 入居審査の問題貯金がないと、家賃や敷金、礼金を支払うことが難しく、結果として入居審査に通るのが困難になることがあります。
  • 日用品や家具・家電の調達新しい住居に必要な家具や家電、日用品を揃えるための資金が必要になります。これらの初期投資が難しい場合、生活に不便を感じることがあります。
  • 引越し後の節約生活最初のうちは節約を強いられ、生活の質が低下する可能性があります。


工夫して費用を抑える

  • 敷金・礼金・仲介手数料なしの物件を探す初期費用を抑えるために、敷金や礼金が不要、または安い物件を探すことが重要です。このような物件は限られていますが、見つかれば大幅なコスト削減につながります。
  • 初期費用分のみを貯金する同棲を始める前に、少なくとも初期費用に相当する金額を貯めることを目指しましょう。これには数ヶ月から1年程度の時間が必要になることがあります。


お金がないカップルが同棲費用をどうやって集めているか

経済的に余裕がないカップルでも、いくつかの方法で同棲のための費用を工面することが可能です。以下は、一般的な資金調達の方法です。

初期費用だけをなんとか貯める

  • 限られた貯金:多くのカップルは、同棲を開始するために必要な初期費用だけを集中的に貯金します。日常生活の支出を見直し、無駄を省くことで、必要最低限の資金を確保することが可能です。


初期費用をクレジットカードで分割払いにする

  • 分割払い:クレジットカードの分割払いを利用して初期費用を負担する方法もあります。これにより、一時的な大きな出費を避けることができますが、利息や返済計画に注意が必要です。


親にお金を借りる

  • 家族からの借入:親や親族に資金援助を求めることも一つの手段です。これは、カップルが緊急時のサポートを必要としている場合や、親が経済的に余裕がある場合に選択されることが多いです。


同棲する際にかかる費用の目安

同棲を始める際には、初期費用と毎月の生活費が大きな財政的負担となります。ここでは、それらの費用の目安について詳しく見ていきましょう。

初期費用

同棲を始めるためには、以下の初期費用がかかります。

  • 敷金:家賃の1ヶ月分程度。物件によっては必要ない場合もあります。
  • 礼金:家賃の1ヶ月分程度。全ての物件に必要なわけではありません。
  • 前家賃:家賃の1ヶ月分。初月の家賃として支払います。
  • 仲介手数料:家賃の0.5〜1ヶ月分。不動産仲介業者を通じて物件を借りる場合にかかります。
  • 火災保険料:約2万円程度。
  • 保証会社利用料:家賃の0.5〜1ヶ月分。保証会社を利用する場合に必要です。
  • 鍵交換費用:1〜2万円程度。
  • 家具・家電:約20〜30万円程度。生活に必要な最低限の家具や家電の購入費用です。
  • 引越し代:全国平均で約3〜4万円程度。

例えば、東京23区で1LDK〜2DKの平均家賃が12万円の場合、初期費用として約60〜72万円(家具・家電・引越し代を含む)が必要になります。

同棲後の毎月の生活費

毎月の生活費には、以下の費用が含まれます。

  • 光熱費:電気、ガス、水道代。
  • 生活用品:トイレットペーパー、洗剤などの消耗品。
  • 食費:日々の食事にかかる費用。
  • 交際費:友人との食事や飲み会など。
  • 娯楽代:映画や旅行などの余暇活動にかかる費用。
  • 通信費:インターネットやスマホの料金。
  • 車の維持費:ローンの返済やガソリン代。

2021年の総務省統計局の家計調査によると、同棲を含む二人暮らしの平均生活費は約22.5万円(住居費を除く)。東京23区で1LDK〜2DKの平均家賃12万円を加えると、合計約34.5万円が毎月の生活費の目安となります。

同棲の費用を抑える方法

同棲を始める際には、費用を可能な限り抑えることが重要です。以下に、費用を削減するための実用的な方法をいくつか紹介します。

家賃が安いお部屋を選ぶ

住居費は同棲の最大の出費です。家賃が安い物件を選ぶことで、毎月の支出を大きく削減できます。立地や部屋の大きさを妥協することで、適切な物件が見つかることもあります。

家具・家電は中古で揃える

家具や家電を新品で購入する代わりに、中古品を利用すると初期費用を抑えることができます。リサイクルショップやオンライン市場で良質な中古品を探しましょう。

業者を使わずに引越しする

友人や家族の協力を得て、引越し業者を利用せずに自力で引越しを行うことも一つの方法です。これにより、引越し代を節約できます。

自炊を心がける

外食や出来合いの食事よりも、自炊の方がずっと経済的です。健康的で、食費も節約できます。

通信費を抑える

格安SIMへの変更や家族割引の適用など、通信費を見直すことで毎月の固定費を削減できます。

光熱費の節約

電気、ガス、水道の使用を意識的に控えることで、光熱費を削減できます。例えば、短時間のシャワー、LED電球の使用、節電モードの活用などが効果的です。

同棲カップルが貯金するためのポイント

同棲を始めたカップルにとって、貯金は重要な財政的目標です。効果的に貯金をするためのいくつかのポイントを紹介します。

目標金額を決める

具体的な貯金目標を設定することが、貯金計画の第一歩です。目標があることで、貯金に対するモチベーションが高まり、日々の支出に対する意識も変わります。

貯金用の通帳を作る

日常の支出とは別に、専用の貯金用通帳を用意することで、貯金を視覚化しやすくなります。これにより、貯金の進捗を明確に追跡でき、目標達成への意欲が増します。

口座から自動で貯金する

口座から定期的に自動で一定額を貯金口座に移すシステムを設定すると、貯金が習慣化しやすくなります。これにより、意識しなくても確実に貯金が積み上がります。

家計簿をつけて無駄な出費を削減する

日々の支出を記録することで、無駄な出費が一目でわかります。家計簿をつけることは、財政管理の基本であり、無駄遣いを防ぎ、効率的な貯金に繋がります。

unito|費用を抑えて同棲したいならunito

費用を抑えて快適に同棲を始めたいカップルには、unitoが理想的な選択肢を提供します。

  • 2人での入居が可能unitoでは、カップル向けの物件が豊富に用意されており、2人での入居に適しています。
  • スマホで簡単に契約手続きの簡便化が図られており、スマートフォンを通じて簡単に契約が可能です。
  • 家具家電付きで費用削減初期投資が必要な家具や家電が付属しているため、初期費用を大幅に抑えることができます。
  • 最短1ヶ月で退去可能柔軟な契約期間により、短期間の同棲や予期せぬ事態にも対応できます。


まとめ

お金がなくても同棲は可能ですが、入居審査に通らないリスク、必要な日用品や家具・家電を揃えるための費用、引越し後の節約生活など、考慮すべき点は多いです。これらの困難を乗り越えるためには、少なくとも初期費用分くらいは事前に貯めておくことが望ましいです。また、unitoのようなサービスを利用することで、費用を抑えながら同棲生活を始めることが可能です。経済的な制約に直面しているカップルでも、適切な計画と工夫により、快適な同棲生活を実現することができるでしょう。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!