一人暮らしから同棲すると費用負担を減らせる?一人暮らしと同棲にかかる費用を徹底比較!

Written by

Written by

同棲を検討しているカップルにとって、共同生活にかかる費用は大きな関心事です。特に、一人暮らしの経験から同棲へと移行する際、生活費の変化に関して不安を抱える方も多いでしょう。同棲は、ただでさえ大きな一歩であり、財政的な側面はその決断に大きく影響します。 この記事では、一人暮らしと同棲における生活費や家賃の違いを詳しく掘り下げます。食費や水道光熱費の変化、さらには家賃の負担について、具体的な数字を用いて比較します。これにより、同棲を考えているカップルが、財政的な面での準備をしっかりと行うことができるようになることを目指します。

食費と水道光熱費は一人暮らしと同棲ではどのくらい変わるのか?

同棲における生活費の変動を理解するには、具体的な数字を見ることが重要です。総務省統計局の2021年「家計調査」に基づく以下のデータは、一人暮らしと同棲時の費用の違いを明確に示しています。

1人暮らしのケース

  • 食費: 3万5,418円
  • 電気代: 3,487円
  • ガス代: 2,622円
  • 他の光熱費: 69円
  • 上下水道料: 1,497円
  • 計: 4万3,093円


同棲のケース

  • 食費: 6万1,665円
  • 電気代: 8,291円
  • ガス代: 4,493円
  • 他の光熱費: 370円
  • 上下水道料: 4,429円
  • 計: 7万9,248円


これらの数字から、同棲した場合の水道光熱費の合計は、一人暮らしの約2.3倍になることがわかります。しかし、食費に関しては、1人当たりの負担金額が一人暮らしよりも同棲した場合の方が安くなる傾向があります。これは、食材の共有や量の割引など、同棲による経済的な効率化が影響していると考えられます。

この情報は、同棲を計画しているカップルが、生活費に関する予算計画を立てる際に役立つでしょう。特に、これから新たな生活を始める際には、これらのデータを基に現実的な費用見積もりを行うことが重要です。

同棲は1人暮らしより家賃の負担を減らせる?

同棲を検討する際、家賃の負担は重要な検討事項の一つです。特に、一人暮らしと同棲を比較した場合、家賃の負担にどのような違いがあるのかを知ることは有益です。

1人暮らしのケース

ワンルーム、1K、1DKの平均家賃: 約7万5,000円

同棲のケース

1LDK、2K、2DKの平均家賃: 約12万円

これらの数字を比較すると、一人暮らしの場合と同棲の場合では、明らかに同棲の方が家賃が高いように見えます。しかし、同棲の場合、家賃を二人で分担することを考えると、実際の負担は一人暮らしよりも低くなる可能性があります。

同棲の場合、家賃12万円を二人で折半すると、一人あたりの負担は6万円となり、これは一人暮らしの平均家賃7万5,000円よりも少なくなります。このように、同棲することで、一人あたりの家賃の負担を実質的に減らすことが可能です。

この点を考慮すると、同棲は経済的にも合理的な選択と言えるかもしれません。もちろん、同棲を選択する際には、家賃だけでなく生活費全体の負担や生活スタイルの適合性も重要な検討事項です。しかし、家賃の面では、同棲は一人暮らしに比べて財政的なメリットをもたらす可能性があることを理解しておくことが有益です。

2年間の一人暮らしと同棲のコスト比較

カップルが同棲と一人暮らしのどちらを選ぶかは、多くの要因に依存しますが、費用は重要な決定要素の一つです。ここでは、2年間の一人暮らしと同棲の場合で生じる総コストを比較してみましょう。

それぞれ1人暮らしの場合の総コスト

  • 男性の場合: 458万9,824円
  • 女性の場合: 457万5,688円
  • 合計: 916万5,512円


同棲の場合の総コスト

  • 合計: 766万1,272円
  • 1人当たり: 383万636円

この比較から、同棲の方が2年間で約150万円ほどコストを抑えることができるという結論になります。この差額は、一人暮らしと比べて同棲の方が、家賃や生活費などの分担により経済的なメリットがあることを示しています。

一人暮らしでは、各個人が全ての費用を単独で負担する必要があるのに対し、同棲ではこれらの費用が二人で分割されるため、一人あたりの負担が大幅に減少します。また、食費や光熱費などの共有による経済効率の向上も、同棲のコスト削減に貢献していると考えられます。

このデータは、経済的観点から同棲を検討しているカップルにとって有益な情報となります。もちろん、費用だけではなく、カップルのライフスタイルや個々のニーズに合った選択をすることが最も重要ですが、同棲が経済的なメリットをもたらす可能性は十分にあることを理解しておくことが重要です。

生活費の負担割合は話し合いで決めよう

同棲を始める際に最も重要なのは、お互いの生活費に対する負担をどのように分担するかを明確にすることです。この負担割合を決めるプロセスは、お互いの財政的な快適さと関係の調和を保つ上で非常に重要です。以下の方法を検討してみましょう。

支払時に折半する

最もシンプルで公平な方法の一つは、全ての支出を二人で等分にすることです。これにより、両者の負担が均等になります。ただし、収入格差がある場合は、この方法が最適でない場合もあります。

共通の財布を作る

生活費用に充てるための共通の財布を設けることも有効です。両者が同じ金額または収入比に応じた金額を共通の財布に入れ、生活費用に利用します。これにより、お金の管理が容易になり、支出に対する透明性が保たれます。

支払う項目を予め決めておく

別々の支出項目を担当する方法もあります。例えば、一方が家賃を、もう一方が光熱費と食費を担当するなど、支出を分けることができます。この方法は、各々の財政的な負担を調整しやすくなります。

どの方法を選ぶにせよ、最も重要なのはお互いの財政状況や快適さを考慮して、公平な分担を目指すことです。生活費の負担割合については、同棲を始める前に十分な話し合いを行い、双方が納得する合意に至ることが重要です。これにより、金銭的な摩擦を最小限に抑え、幸せで安定した同棲生活を送ることが可能になります。

unito|同棲できる賃貸物件をお探しならunito

同棲をスタートする際、適切な住居を見つけることが一つの重要な課題です。unitoは、このようなニーズに応える理想的なサービスを提供しています。

2人での入居可能

unitoでは、カップル向けの物件が豊富に用意されており、2人での入居が可能です。これにより、共同での新しい生活を始めるのに適した環境が提供されます。

家具家電付きで費用削減

すでに家具や家電が完備されている物件が多数あり、初期費用を大幅に抑えることが可能です。これにより、引っ越しや新生活のスタートにかかる経済的な負担が軽減されます。

スマホで簡単に契約可能

デジタル化された契約プロセスを通じて、スマートフォンから簡単に契約手続きが行えます。これにより、忙しいカップルでも手軽に物件契約を進めることができます。

最短1ヶ月で退去可能

柔軟な契約期間を設定しているため、最短1ヶ月で退去することが可能です。これにより、気軽に同棲を始めることができ、必要に応じて生活環境を変更することも容易です。

まとめ

一人暮らしと比べて同棲を選択することは、生活にかかるコストを抑えることができる有効な選択肢です。共同生活の始まりにあたっては、家賃や生活費の分担について、しっかりと話し合うことが重要です。互いの財政的な負担を公平にし、お互いが快適に生活できるような合意を目指しましょう。unitoのようなサービスを活用すれば、同棲に適した住居を手軽に見つけることができ、スムーズに共同生活をスタートさせることができます。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!