これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

東京の一人暮らし物件の家賃相場とおすすめ物件を紹介!

東京で一人暮らしをしたい方にとって、慎重に物件を選びたいですよね。 この記事では、物件の選び方と、おすすめの間取りについて解説します。 東京の家賃相場と、おすすめの物件もご紹介! 一人暮らしに最適な物件を選ぶためにも、この記事を参考にしてくださいね。

東京で一人暮らし物件を選ぶ際のポイント


東京で一人暮らしの物件を選ぶポイントを、解説します。
物件選びのコツを知り、あなたにとって最適な物件を探しましょう。

1.区域を決める

一人暮らし用の物件を選ぶ際に、まずは住む区域を決めましょう。
東京には浅草や隅田川へお散歩に行ける「墨田区」や、オフィス街にある六本木エリア「港区」などがあります。

物件を選ぶ際、勤務地から近い区域を選ぶのが一般的です。
勤務地から近いと会社の往復が時短されます。
朝はゆっくり起きて身支度したり、はやく帰宅がきてリラックスタイムが増えます。

物件の周辺環境にも注目しましょう。

  • スーパー
  • 薬局
  • コンビニ
  • 飲食店
  • 公園
  • 病院


これらが近くにあると、生活がしやすい物件と言えるでしょう。

また、最寄り駅から徒歩15分以内が理想的です。
仕事やプライベートで公共交通機関を使用するのなら、最寄り駅から徒歩圏内なのかをチェックしましょう。

2.家賃の予算を決める

東京で一人暮らしをするために、家賃の予算を決めましょう。
家賃は、物件選びの際にチェックする重要項目ですよね。

家賃の目安は「給料の手取りから3分の1」が理想です。
もし手取りが21万円の場合、7万円までの家賃となります。

一人暮らしをすると水道光熱費や食費、生活用品など、必要な支出が多いです。
経済的ストレスの少ない生活を送るためにも、あなたの給料から3分の1以下の家賃を選びましょう。

3.間取りを決める

東京で一人暮らしの物件を探す際に、間取りを決めましょう。
一人暮らし向けと言われる間取りは「ワンルーム(1R)」と「1K」です。

ワンルームと1Kの共通点は、住居用の部屋の数が1つということです。
違いは、キッチンが同じ空間にあるかないかです。
1Kはキッチンと部屋が分かれています。

趣味部屋や来客用のお部屋が欲しい方は「2K」や「2LDK」を選びましょう。
荷物がたくさんあっても、収納できるスペースがあれば安心ですね。


東京での一人暮らしにはどんな間取りが最適?

東京での一人暮らしにおすすめの間取りを、3つご紹介します。
3つの間取りを知り、広すぎず狭すぎない、快適な空間を選びましょう。

ワンルーム

ワンルームの物件はこんな方におすすめ
・家賃を安くしたい
・荷物が少ない
・掃除を楽にしたい
・ミニマリスト

ワンルームとは、キッチンと部屋が同じ空間にある物件のことです。

家賃が安く、一人暮らしにはいい物件と言えます。
収納スペースが少ないのですが、ロフトが備わっているお部屋が多いです。

荷物が多い方でもロフトのあるワンルームを選ぶと、収納場所に困ることなく一人暮らしができますね。

また、駅から近い物件も多いので、会社へ通いやすい物件を狙えます。

1K

1Kの物件はこんな方におすすめ
・調理中の匂いを部屋にとどけたくない
・玄関から部屋が見えない構造がいい
・収納スペースが欲しい
・冷房や暖房の空気を逃がしたくない

1Kとは、キッチンと部屋の間に、仕切りがある物件のことです。
部屋数は1つでワンルームと似ていますが、押し入れやクローゼットなどの収納スペースが備わっています。

キッチンと部屋は扉で仕切られており、調理中の煙や匂いが、ベッドやカーテンに付きにくいです。
なので匂いに敏感な方でも、安心して調理ができます。

また、仕切られた部屋なので、冷房や暖房がききやすいです。
ワンルームと比べると電気代も節約できますね。

2K

2Kの物件はこんな方におすすめ
・寝る部屋とリビングを分けたい
・趣味部屋や仕事部屋が欲しい
・こだわりの大きな家電や家具を置きたい
・ゆとりのある空間で生活したい

2Kとは、2つの部屋とキッチンがある物件のことです。
2つ部屋があるので、1部屋ごとの使用用途が広がります。

1つの部屋はリビングにしてくつろぎ、もう1つの部屋を寝室にするとしっかり休めます。
リモートワークやフリーランスの方は、1つの部屋を住居用にし、もう1つの部屋は仕事部屋にできますね。

掃除が大変ですが、一人暮らし用の間取りの中では、少し贅沢な使い方ができる2K。
部屋が多いので、こだわりの大きめな家具家電が設置できます。

ただし、1つの部屋が思ったより狭い可能性があります。
内見の際に、お部屋に家具を置くことを想定して、メジャーで測ってみましょう。
実際に暮らすイメージがしやすくなりますよ。


実際の家賃や生活費用ってどのくらいかかる?

実際にかかる生活費を知っておくと、東京で一人暮らしをするイメージが具体的になります。
一人暮らしをする前に、どれにどのくらい支払うのかを把握しましょう。


東京で一人暮らしをする際にかかる費用

  • 家賃:¥60,142(東京のワンルーム相場の価格)
  • 水道光熱費:¥12,346
  • 通信費:¥7,212
  • 食費:¥38,442
  • 生活用品:¥1,036
  • 交通費:¥4,614
  • 合計:¥123,792

参照:【e-Stat 政府統計の窓口】家計調査 単身世帯

東京のワンルームの相場は、60,142円です。
生活費だけで、約63,650円かかります。

間取りの中でもワンルームは、家賃が低いです。
家賃代に6万以上かかる可能性も想定しておきましょう。

東京で暮らす生活費は、約12万4千円が必要だと分かりましたね。
人によって、項目の値段が違いますが、大体15万円あれば東京で一人暮らしができます。

10万以下で暮らせる東京のおすすめ一人暮らし物件5選!

東京で一人暮らしにおすすめな物件を5つピックアップしました!
どれも一人暮らしに最適な物件なので、参考にしてください。

【墨田区】キッチン・電子レンジ付の1Rホテル

蔵前駅から歩いて10分以内にある、ワンルームのホテルです。
こちらでは、ホテルに暮らすようにすめます。

ラベンダーカラーのお部屋とパジャマがおしゃれな客室。
部屋にはキッチンと冷蔵庫があり、キッチン用品もそろっています。

デスクとテレビが設置されているので、テレビを見ながらゆっくり手料理をいただけますね。
アメニティや貸し出しサービスも充実しています。

30日のご利用で、家賃は99,000円です。
実家に帰宅する方や、週末に外泊する方なら、20日のご利用で62,000円になります。

「【墨田区】キッチン・電子レンジ付の1Rホテル」の詳細はこちら

【台東区】ホテルで暮らすミニキッチン付のモダンルーム

稲荷町駅から歩いて4分、上野駅から13分と、さまざまな駅の徒歩圏内にある1Rのホテルです。
木目調の家具やキッチンがモダンなお部屋です。

お部屋にはIHコンロが設置されてあり、食器棚の中にはコップが用意されています。
簡単な料理で、自炊ができます。

ホテル内には洗濯機が設置されており、いつでも自分で清潔な服を用意できます。
必要なアメニティーがあれば、無料で利用できます。

30日のご利用で、家賃は94,500円です。
週末はお部屋をご利用ならない場合は、20日のご利用で64,500円になります。

「【台東区】ホテルで暮らすミニキッチン付のモダンルーム」の詳細はこちら

【港区】洗濯機・乾燥機付シックな1Rでシェアハウス

赤坂駅から歩いて6分、六本木駅から10分と多数の駅からアクセス良好なシェアハウス。
こちらのシェアハウスはワンルームで、収納家具が設備されたシックなお部屋です。

共有ですがバストイレが別になっており、独立洗面台があります。

ベランダにある洗濯機の上には乾燥機も設備されているので、すぐに服が乾きます。
洗濯洗剤や柔軟剤は用意されているので、買い置きする必要がありません。

家賃は92,400円です。
10万以下で港区に暮らせるのは、魅力的ですよね。
「【港区】洗濯機・乾燥機付シックな1Rでシェアハウス」の詳細はこちら

【渋谷区】システムキッチン付!ヨーロピアンなシェアハウス

恵比寿駅と渋谷駅の中間にあるシェアハウスです。
周囲は住宅街で、静かに暮らせます。
外観も内観もヨーロッパモダンな雰囲気でおしゃれです。

共有スペースにあるI型のシステムキッチンで、広々と料理ができます。
バス・トイレが別で水回りもゆったり利用が可能。
書斎もあり、施設内の設備が充実しています。

30日のご利用で、家賃は90,000円です。
ナチュラルでヨーロピアンな空間で、シェアハウスを楽しみませんか?
「【渋谷区】システムキッチン付!ヨーロピアンなシェアハウス」の詳細はこちら

【台東区】ドリンクバー付!スカイツリーが見えるドミトリー

浅草駅から歩いて7分の場所にあるドミトリーです。
ドミトリーとは、ゲストハウスになっており、相部屋を前提としたお部屋です。

しかし、こちらのドミトリーはカプセルホテルのように、一人だけのスぺ―スがあります。
自分の空間には、セキュリティボックスやハンガー掛け、鏡など設備が充実。

宿泊者限定でドリンクバーがいただけます。
好きな時にコーヒーやココアで一息つけますよ。

30日のご利用で、家賃は65,000円です。
週末は利用しないのであれば、20日のご利用で44,000円になります。
スカイツリーが一望できるベランダで、コーヒーを飲みながらまったり過ごしませんか?

「【台東区】ドリンクバー付!スカイツリーが見えるドミトリー」の詳細はこちら

手軽に滞在先を探すなら「unito(ユニット)




東京で一人暮らしをするのなら、少しでもいい条件で、お手軽な物件を利用したいですよね。
一人暮らしに最適な物件として、サービスアパートメントがあります。

サービスアパートメントとは、1ヵ月単位で利用できる賃貸物件です。
全ての物件が家具家電つきで、敷金礼金が必要ありません。
なので、初期費用で必要となる、数十万の支払いが抑えられるのです。

サービスアパートメントは、手元にある貯金を残しておきたい方にもおすすめです。
そんなサービスアパートメントを簡単に探せるのが「unito(ユニット)」です。


unito」の特徴

  • おしゃれな家具家電つき
  • ライフスタイルに合った物件が選べる
  • お部屋を利用した日数分だけの支払い
  • 水道光熱費込みの料金
  • 清掃サービスあり
  • 駅から近い


unitoは一人暮らしにうれしい特徴が盛りだくさんです!
お部屋に帰らない日は「リレント機能」を利用できます。
例えば、月に20日だけの利用の場合、20日分の家賃だけを支払います。

家賃は水道光熱費込みです。
毎月変動する水道光熱費の支払いを気にせずに、快適なお部屋の温度で暮らせますよ。

unitoはライフスタイルや理想の暮らしに合わせて物件を選べます。
都心を中心に物件を掲載しているので、あなたの希望に合った物件があるのかチェックしてみましょう。

「unito」で物件をチェックする

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!