セカンドハウスって会社にばれる?賃貸契約する際の注意点

Written by

通勤が大変、週末移住をしたいなどセカンドハウスを検討中の方も多いでしょう。セカンドハウスを持ちたいけれど、会社や同僚にあれこれ詮索されるのは気になりますよね。 この記事ではセカンドハウスを持つと会社にばれるのか、ばれない方法、セカンドハウスのメリット、ばれたらどうなるのか、くわしく解説します。

セカンドハウスって借りたら会社にばれるの?

結論から言うと、セカンドハウスを借りても会社にばれることはありません。基本的にはばれませんが、もしばれるとしたらどのような経路からなのでしょうか。

審査のための電話

セカンドハウスを借りる際、申込みから審査の間で職場に在籍確認の電話が入る場合があります。電話があるとしたら、保証会社、管理会社のどちらかです。

審査の電話で不動産関係と名乗るのか、会社にどういった形で連絡が入るのか、できれば電話を避けてもらうことは可能か、不動産会社の営業マンにあらかじめ確認しておきましょう。

在籍確認の電話があったとしても、不動産関係と分からないようになっていれば、会社にばれるリスクは減らせます。

セカンドハウスへの出入りを見られる

セカンドハウスがばれるとしたら、職場の人間に出入りを見られることです。また、本来届けている住所や路線と違った方向からの出勤場面を見られるとばれる原因となります。

1回くらいならそれほど疑われることはないでしょうが、何回か続くと不審に思われるでしょう。

会社の近くにセカンドハウスを持つ際は注意が必要です。

通勤中の事故

通勤中事故に遭ったときは労災の対象となりますが、本来は住んでいると届け出た場所から会社への通勤経路での事故のみが対象です。

セカンドハウスから会社に通勤している途中に事故に遭うと、本来の通勤経路から外れてしまうため、会社から事情を聴かれるでしょう。事故自体も労災の適用対象とならない可能性があります。

可能性は極めて少ないですが、ゼロではないため、事故には十分気を付けましょう。

ばれないようにするにはどうすれば良い?

セカンドハウスが会社にばれないためにはどうしたら良いのでしょうか。方法は2つです。

保証人不要の部屋を選ぶ


会社にばれないようにするためには、保証人不要の部屋をセカンドハウスにする方法があります。もし保証人が必要である場合、その保証人つながりで会社にばれてしまう可能性があります。しかし、保証人不要であれば、自分以外は誰も知らないため、ばれる確率を下げることが可能です。

現在は保証人不要の部屋もたくさん選べます。保証人不要の部屋では、保証人代行会社と契約することになります。保証人代行会社から会社に確認の電話が入るか、しっかり確認しておきましょう。

また、保証人代行会社から審査に合格した場合、手続きの書類が郵送される可能性もあります。書類は自分が不動産会社に訪れて直接手続きすると、ばれるリスクをさらに減らせます。

緊急連絡先を会社にしない

セカンドハウスを借りる際、どうしても緊急連絡先を不動産会社に伝える必要があります。緊急連絡先は賃貸物件で災害が起きた場合の安全確認や、家賃滞納の催促を何度も無視した場合などに使用されます。

一般的な範囲で生活していれば、緊急連絡先はまず使用されることはありません。しかし、会社や職場を緊急連絡先にすると、万が一連絡が来た場合ばれるため避けましょう。

同居人は入居者扱いとなるため指定できませんし、友人や恋人は長年経つと関係性が変化している可能性もあります。緊急連絡先は確実に連絡の取れる両親や配偶者、近しい親戚を指定するのがおすすめです。

セカンドハウスを借りる際のメリットって何?

セカンドハウスを借りるメリットとはいったいなんでしょうか。

通勤が楽

会社と自宅の距離が遠い場合、通勤時間が長く自由時間が少ない方にとってはセカンドハウスを借りることで、通勤が楽になるのがメリットです。通勤が長いと、疲労もたまりやすくなります。

満員電車で不快な通勤時間に悩むことなく、ゆったりとストレス解消する時間も取れるため、精神的、肉体的な負担を減らせるでしょう。

週末ゆったりできる

セカンドハウスを週末移住のために借りると、オンオフのメリハリをつけやすくなり、週末はゆったりリラックスできます。

平日は都会で仕事、週末は田舎で趣味やレジャーを楽しむという二拠点生活を満喫できるのがメリットです。

一人の時間が持てる

自宅に住んでいる方、家族が多い方ではリモートワークをするにも一人になれる時間を確保するのが難しい場合もあります。セカンドハウスを借りて一人の時間を持てるようになると、作業効率のアップやストレス解消につながることも。

さまざまなメリットがあるセカンドハウスですが、会社にばれたらいったいどうなるのか、解説します。

セカンドハウスが会社にばれたらどうなる??

会社に内緒でセカンドハウスを借りた場合、万が一ばれてしまった時考えられるのは交通費が不正受給になる可能性です。

交通費は元の住所と会社の距離から計算され、支給されています。セカンドハウスを会社に内緒で勤務地の近くに借りると、通勤距離が短くなるため、通勤手当を多くもらっていることになってしまいます。

もし会社にセカンドハウスから通勤していることがばれると、交通費を不正受給していたとされる可能性があります。会社によっては規定違反で退職となる危険性も考えられます。

週末移住のために内緒でセカンドハウスを借りる分には、通勤手当が絡まないため危険性は少ないです。しかし、会社の近くにセカンドハウスを内緒で持ちたい場合は、十分にリスクを考えてからにした方が良いでしょう。

また、通勤中の事故が原因でセカンドハウスが会社にばれた場合、労災認定を受けられなくなる可能性があります。本来の通勤経路ではないことも十分注意が必要です。

ここだけじゃない!手軽に滞在先を探すなら「unito(ユニット)





様々なメリットと魅力があるセカンドハウスですが、会社にばれないよう管理するのは大変です。例え賃貸であっても、ばれた時のリスクは最小限におさえてセカンドハウスを持ちたいですよね。

そんな時はサービスアパートメントを利用してはいかがでしょうか。サービスアパートメントは、ホテルとアパートの両方の機能を持つ物件です。

ホテルのような綺麗な物件に家具家電、日用品が備え付けてあり、何も持たずに生活できます。キッチンやキッチン用品が備え付けてある施設もあり、自宅にいるようにくつろぐことも可能です。

unito(ユニット)」は都心を中心にサービスアパートメントを多数掲載しています。unitoがセカンドハウスに適している点は4つです。

お試しできる

セカンドハウスが自分に本当に必要か、合っているのか、不安になりますよね。unitoでは敷金礼金は不要、短期間の利用が可能なため、お試し感覚でセカンドハウスを持つことができます。

色々なエリア、物件を試してから自分に合ったセカンドハウスを借りることもできますし、unitoを使い続けることもできます。

不在の時は家賃が不要

unitoには部屋に帰らないとき、他の人に部屋を貸すことで料金を抑える「リレント機能」があります。利用頻度が少ない場合、丸々一か月分の家賃を払うよりもUnitoを利用すると費用の節約が可能です。

管理の手間がない

セカンドハウスを持つと、清掃や日用品の管理など、日々の手間がかかります。unitoでは建物の管理、清掃を行ってくれるため、手間や時間の短縮ができます。

時間の余裕やストレス解消のため、セカンドハウスを持つにも関わらず、管理に時間を取られてはもったいないですよね。

戸建て物件もあり

自分だけなく、家族ぐるみでセカンドハウスを利用したい場合、思う存分満喫できる戸建て物件を借りたい場合もあります。

unitoでは戸建ての物件も掲載しているため、家族での利用も可能です。キッチンや家具家電付きで、アメニティがついている物件もあり、家族でくつろぐのにうってつけと言えます。

unitoであれば必要なときだけ利用することが可能なため、少ない負担でセカンドハウスとして利用できます。気になる方は一度unitoを覗いてみてはいかがでしょうか。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!