これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

これからの暮らす・泊まるを考えるメディア

【徹底解説】マンスリーマンションとは?魅力や注意点を紹介

Written by

短期間の利用ができるマンスリーマンション。出張や就活などで一定期間住む場所を確保しなければならないときには非常に便利です。そんなマンスリーマンションは、契約の仕組みや特徴などが一般的な賃貸とは大きく異なっていることをご存じでしょうか。この記事ではマンスリーマンションのメリットやデメリット、マンスリーマンションの生活に向いている人などを紹介しています。マンスリーマンションの利用を考えている人はぜひ、この記事を参考にしてみてください。

マンスリーマンションとは?賃貸との違いってあるの?

マンスリーマンションとは、短期契約ができるマンションのこと。賃貸契約では、2年契約が基本ですが、マンスリーマンションは1ヶ月単位で契約ができるのが特徴です。
また、入居期間をあらかじめ決めてから契約を結ぶのもマンスリーマンションの特徴のひとつ。契約期間満了後は自動的に更新とはならず、退去の手続きを取るか、その後も住み続けたい場合は再契約を結び直す必要があります。
マンスリーマンションは短期間だけ利用ができるため、出張などのビジネスでの利用はもちろん、就職活動や長期の旅行においてもホテルを取るよりも安く済むためお得。幅広い用途で利用ができます。
さらに、家具家電が備え付けてあったり、ライフラインの手続きが不要だったりと、急な引っ越しで準備が間に合わないときでも安心して利用できるのは大きな魅力といえますね。
 

マンスリーマンションの魅力・メリットを紹介

マンスリーマンションには、短期間利用する人にとってのメリットがたくさん。以下でマンスリーマンションのメリットについて見ていきましょう。
 

生活に必要な家具家電が付いている

上記でも述べたように、マンスリーマンションには生活に必要な家具や家電がはじめから付いています。そのため、最小限の荷物で利用でき、大がかりな引っ越しは必要ないのが魅力。引っ越しにかかる初期費用をかなり安く抑えることができます。
また、たいていのマンスリーマンションには、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどの生活家電のほか、カーテンやベッドなどの生活家具など、最低限の家具家電が基本的に設備として備え付けてあります。そのため、数ヶ月程度の滞在であれば、十分快適に生活ができるでしょう。
さらに、物件によっては家具家電のレンタルを行っているところもあるため、新たに購入しなくても必要なものだけレンタルでき、別の場所に引っ越す際に荷物が増えることもありません。
 

手軽に入居できる

一般的な賃貸契約には、入居審査やさまざまな書類の提出などがあります。一方、マンスリーマンションの契約には入居審査がなく、提出する書類も賃貸契約より少ないです。また、契約の手続きはメールやFAXで行えるため、手軽に入居することができますよ。
 

敷金・礼金・仲介手数料が不要

通常の賃貸契約では、初期費用として敷金・礼金・仲介手数料などがかかる場合が多いです。一方、マンスリーマンションでは、敷金・礼金・仲介手数料がいらないため、初期費用をかなり安くすることができます。また、火災保険などの保険も必要ない場合が多いです。
 

ライフラインの手続きが不要

上記でも少し触れましたが、マンスリーマンションでは、水道やガス、電気などのライフラインの開通手続きが必要ありません。そのため、急な引っ越しでバタバタして忙しい人にぴったり。
最近では、インターネット環境が整っている物件も増えており、ますます便利になっています。その場合も、インターネット回線の手続きは不要なので、引っ越してすぐにインターネット環境が必要な人でも安心です。


 

マンスリーマンションのデメリット・注意点

マンスリーマンションに住んでから「こんなはずじゃなかったのに!」と後悔しないよう、デメリットもしっかりと理解しておく必要があります。以下でマンスリーマンションのデメリットについて紹介します。
 

住民票を移せない

マンスリーマンションに住む場合、住民票を移すことができません。そのため、役所で証明書などを発行したい場合、本籍と住んでいる地域との位置関係によっては、かなり不便になる可能性があるため、注意する必要があります。
 

賃料が割高

マンスリーマンションは、一般的な賃貸に比べて賃料が割高であることが多いです。しかし、マンスリーマンションは短期滞在で利用する人が多いため、入居時の初期費用がかからない分、結果的に通常の賃貸と同じかそれ以下の賃料になる場合が多いと考えられます。
半年以上マンスリーマンションに住む場合は、似たような条件の賃貸と費用を比較して結果的にお得になる方を選ぶのがよいでしょう。
 

水道光熱費が定額でかかる

マンスリーマンションでは、水道光熱費が毎月定額でかかります。金額は物件によって違うものの、平均的な賃貸の水道光熱費と同等の値段に設定されていることが多いです。そのため、普段からあまり自炊をしない人や、お風呂をシャワーで済ませてしまう人にとっては割高になってしまう可能性があります。
また、一定の使用量を超えてしまった場合は別途で追加料を支払うケースが一般的なので、定額制だからといっても使いすぎに注意が必要です。 

内見ができない

通常の賃貸では、契約する前に内見をして部屋の広さや仕様、設備などを確認できますが、マンスリーマンションでは基本的に内見ができません。そのため、ネットや不動産屋で公開している写真や間取りを元に、部屋の雰囲気をあらかじめ確認しておく必要があります。


 

マンスリーマンションで生活するのに向いている人ってどんな人?

上記でも述べたように、マンスリーマンションにはメリットとデメリットがあります。そのため、住む人によってマンスリーマンションは、快適にも不便にもなり得ます。ここでは、マンスリーマンションで生活するのに向いている人の特徴を紹介します。
マンスリーマンションは、家具家電が備わっているため、気軽に引っ越しを行える手軽さが大きなメリット。そのため、出張や単身赴任、長期の旅行など、自宅から離れた場所に短期間滞在したい人に向いています。
また、就職活動や受験など、具体的な期間は決まっていないけれど、短期間滞在したいという人にもおすすめ。毎日ホテルで宿泊するよりも費用を抑えられる場合が多く、経済的なメリットが大きいです。
 

東京都内のマンスリーマンションに住むなら「unito(ユニット)




出張や就職活動など、短期間の滞在に向いているマンスリーマンション。短期間で気軽に利用できる住まいを探している人にとってはぴったりの住まい方といえます。
ただ、マンスリーマンションに住みたいと思っても、自分に合ったマンスリーマンションが見つかるか不安な方もいるのではないでしょうか。マンスリーマンションは事前の内見ができないため、部屋のイメージを掴みづらいことも不安要素になりかねません。
そこでおすすめなのがunito(ユニット)のサービス。ユニットは、住みたい地域や希望の条件を選択して検索するだけで、ニーズに合ったマンスリーマンションを見つけることができます。
また、部屋や周辺の写真も豊富なため、イメージを掴みやすく、安心して住みたいマンスリーマンションを決めることが可能。駅からの距離が近いマンションが多いため、東京都内でマンスリーマンションを探している人にもおすすめです。固定Wi-Fi有り、基本設備は60種類以上と室内設備も充実しています。
マンスリーマンションを検討している人や、都内で自分に合ったマンスリーマンションを見つけたい人はぜひ、ユニットのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!