アパート入居時にかかる費用は? 入居までの流れや初期費用、前後にやるべきこともご紹介!

Written by

一人暮らしや同棲を始める際、賃貸アパートの初期費用について不明な点が多い方も少なくないでしょう。この記事では、アパートに引っ越す際の一連の流れや初期にかかる費用などを詳しく解説し、スムーズな住み替えをサポートします。

アパートに入居するまでの流れは?

アパートに入居するまでの過程は、一見複雑に思えるかもしれませんが、大きく分けて5つのステップに分類できます。まず、理想の物件を見つけるために物件を探します。次に、見つけた物件を扱う不動産屋に訪問し、物件の詳細を確認します。気に入った物件があれば、内見をして実際の状態をチェックし、その後申し込みを行い入居審査を受けます。審査に通過したら、賃貸契約を結び引き渡しを受け、新居へと移り住むことになります。

アパートの入居時にかかる費用とは?

アパートに引っ越す際に必要な初期費用は、一般的に家賃の4倍から6倍程度と言われています。この初期費用には、敷金、礼金、仲介手数料、日割り家賃、前家賃、火災保険料、鍵の交換費用などが含まれます。

敷金

家賃の滞納や退去時の原状回復費用に備えて支払う保証金で、通常は家賃の1〜2ヶ月分が目安です。ただし、敷金なしの物件も存在します。

礼金

物件の大家に対して支払うお礼のお金で、家賃の1〜2ヶ月分が一般的ですが、これも物件によっては不要な場合があります。

仲介手数料

物件の仲介を行う不動産会社に支払う手数料で、家賃の0.5〜1ヶ月分+消費税が目安です。一部の物件では仲介手数料が無料の場合もあります。

日割り家賃

入居日から月末までの期間に対する家賃で、入居日によって変動します。

前家賃

契約月の翌月分の家賃を前もって支払うもので、家賃1ヶ月分が目安です。

火災保険料

火災時の損害を補償する保険で、加入は任意ですが、多くの場合、入居時に加入が求められます。

鍵の交換費用

新居の鍵を新しくするための費用です。

その他

保証料や消臭・消毒費用などが必要な場合があります。

初期費用の総額は物件やエリアによって異なりますが、敷金や礼金がない物件、仲介手数料が無料の物件も増えているため、物件選びによっては初期費用を大幅に抑えることが可能です。

アパートに入居するまでにやるべきこと

アパートへの入居をスムーズに進めるためには、いくつかの準備が必要です。まず、賃貸借契約の内容をしっかりと確認しましょう。契約内容には、家賃の支払日、敷金・礼金の有無、契約期間、退去時の条件など、入居者と大家さんとの約束事が詳細に記されています。

次に、生活に必要な電気・水道・ガスの開栓手続きを行います。多くの場合、入居日の数日前にサービス提供会社へ連絡し、開栓日を指定する必要があります。また、インターネットの利用を考えている場合は、プロバイダ選びや工事のスケジュール調整もこのタイミングで行いましょう。

住所変更に伴う手続きも忘れずに。転出届を現住所の役所に、転入届を新住所の役所に提出します。また、郵便物の転送サービスを利用する場合は、日本郵便のサイトから申し込みを行い、銀行やクレジットカード会社など、住所変更の通知が必要な各種サービスへの連絡もお忘れなく。

アパートに入居後にやるべきこと

入居初日は、新しい生活のスタートにわくわくするもの。しかし、入居前に行うべき重要なチェックリストがあります。まず、入居時の室内の状態を確認し、汚れや傷がないかチェックしましょう。見つけた場合は、すぐに不動産会社や大家さんに報告することが重要です。

次に、掃除をして快適な空間を作りましょう。入居前に一通りの掃除を行うことで、気持ちよく新生活をスタートできます。また、家具や家電製品の配置を事前に計画しておくことで、効率的に荷解きや整理ができ、スムーズに生活を始めることができます。

これらの準備と手続きを丁寧に行うことで、アパートでの新生活を安心して始めることができます。事前の準備が、快適な住まい生活の第一歩となります。

unito|初期費用を抑えたいならunitoがオススメ


アパート入居時の初期費用を抑えたい場合、unitoは非常に魅力的な選択肢です。unitoでは、家具家電付きの物件を提供しており、これにより入居者は家具や家電の購入費用を節約できます。さらに、wifiや水光熱費が含まれているため、毎月の出費を減らすことが可能です。

特に注目すべきは、unitoが提供する「リレント」サービスです。これは、入居者が不在の日にお部屋を短期間貸し出すことで、家賃の一部を賄うことができる画期的なシステムです。このサービスを利用することで、家賃の負担を大幅に軽減することが可能になります。

unito|初期費用を抑えたいならunitoがオススメ


アパートへの入居に際しては、敷金・礼金・前家賃など、初期費用に多額のお金が必要となる場合が多くあります。これらの費用は物件や地域、不動産会社によって異なりますが、一般的には家賃の4ヶ月から5ヶ月分が必要とされています。そのため、入居前にはこれらの費用を考慮して貯金しておくことが大切です。

しかし、初期費用を抑える方法は存在します。unitoのようなサービスを利用することで、入居に必要な費用を大幅に削減できる可能性があります。また、物件選びにおいては、敷金・礼金が不要、または少額で済む物件を選ぶ、賃貸契約の閑散期を狙って大家さんや不動産会社と交渉するなど、さまざまな方法でコストを下げることが可能です。

最終的に、アパート入居時の初期費用を抑えるためには、さまざまな選択肢を検討し、自分にとって最適な物件を見つけ出すことが重要です。unitoのようなサービスを活用することで、初期費用の負担を軽減し、新生活をスムーズにスタートさせることができるでしょう。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!