ペット可の賃貸初期費用は高くなる?出費を抑える方法と探し方のコツを解説!

Written by

ペットと一緒に暮らすことは多くの人にとって大きな喜びです。「犬や猫と一緒に生活したいけれど、賃貸物件でペットを飼うことは可能なのか?」、「ペット可物件の初期費用はどれくらいかかるのか?」といった疑問を持つ方は少なくありません。特にペットを家族の一員として迎え入れたいと考える人々にとって、これらの疑問は重要な判断基準となります。 本記事では、ペット可物件に関する詳細情報、特に初期費用に焦点を当てて解説していきます。また、ペット可物件を選ぶ際の注意点や、出費を抑える方法についても触れていきます。ペットと快適に暮らすための住まい選びにおいて、この記事が役立つ情報を提供できればと思います。それでは、ペット可賃貸物件の世界について、一緒に探求していきましょう。

ペット可物件とは

「ペット可物件」とは、ペットの飼育が大家さんによって許可されている住宅のことです。これには賃貸マンションやアパートが含まれ、入居者は定められたルールを守りながらペットと一緒に暮らすことができます。しかし、ペットを飼うことによって生じる臭いや傷、騒音などの問題を防ぐため、多くの物件でペットの種類や数に制限が設けられています。

ペット可物件のメリット

  • ペットとの生活:ペットと一緒に暮らせる幸せを享受できます。
  • ルールの明確化:ペット飼育に関するルールが定められているため、安心してペットとの生活を楽しむことができます。


ペット可物件の初期費用の相場

ペットを飼う場合、通常の賃貸物件と比べて初期費用が高くなる傾向があります。これは、ペットによる物件の損耗や管理の必要性を考慮した結果です。

敷金

ペット可物件の敷金は、通常の物件と比べて高めに設定されることが多いです。これは、ペットによる損傷や汚れに備えるためで、通常の敷金に加えて1ヶ月分が追加される「敷金+1ヶ月」のケースが一般的です。

礼金

ペット可物件では、ペット飼育に伴う追加の負担を考慮して、通常の礼金に加えてペット礼金が要求されることがあります。これは物件によって異なり、家賃の1〜2ヶ月分が目安です。

家賃

ペットと暮らすための設備が整ったペット共生型物件では、家賃が一般の賃貸物件や他のペット可物件よりも高く設定されることがあります。一方で、後付けでペット可にされた物件は、比較的リーズナブルな価格設定の場合もあります。

退去時の追加費用

ペットによる部屋の汚れや傷、匂いの清掃や修理には追加の費用が発生することがあります。敷金でカバーできない部分は入居者の負担となるため、契約時にどの程度の費用が発生するか確認することが重要です。

ペット可賃貸はすべて高い?

ペット可賃貸物件が必ずしも高価であるとは限りません。実際のコストは物件の種類によって異なります。

もともとペット向けに作られた物件

ペット共生型物件は、ペットとの生活に必要な設備や共有スペースが整備されており、快適な環境を提供します。しかし、これらの設備により、家賃は一般的な賃貸物件より高くなる傾向があります。

後付けでペット可になった物件

元々ペットの飼育を想定していなかった物件が、後からペット可となるケースもあります。これらの物件は、空室対策としてペットを許可することが多く、アクセスの不便さや古い建物であることを考慮して家賃が抑えられることがあります。ただし、ペットが苦手な居住者もいるため、住民間のトラブルを避けるためにペットのしつけや共有スペースでのマナーには特に注意が必要です。

ペット可物件を選ぶ際には、ペットとの生活に適した環境かどうか、初期費用や退去時の負担、家賃の価格帯を慎重に考慮する必要があります。また、ペット飼育のルールや周囲の居住者との関係にも配慮することが大切です。

ペット可賃貸の探し方のコツ

ペット可の賃貸物件を探す際には、いくつかの重要なコツを押さえておく必要があります。これらのポイントを理解し、適用することで、ペットと快適に暮らせる理想の住まいを見つけることができます。

条件を緩めて探す

ペット可物件は一般の賃貸物件に比べると数が少ないため、検索条件を広げて探すことが重要です。立地や家賃などの条件を柔軟にして、より多くの選択肢から最適な物件を探しましょう。

初期費用や退去費用を契約前に確認

ペット可物件では通常より高い初期費用や退去時の追加費用が発生することがあります。これらの費用を事前に確認し、予算計画に組み込むことが大切です。

以前からペット可なのかを確認

物件がもともとペット可として設計されたものなのか、後付けでペット可とされたものなのかを確認します。これにより、物件の設備や環境を理解することができます。

ペット飼育ルールを確認

ペット可物件にはそれぞれ異なる飼育ルールがあります。ペットの種類や大きさ、飼える数の制限など、具体的なルールを確認しましょう。

サイトに載っていなくても相談可能

インターネット上の情報だけに頼らず、直接不動産会社や大家さんにペットの飼育について相談することも大切です。意外と柔軟に対応してくれるケースもあります。

これらのポイントを踏まえることで、ペットと共に暮らすための理想的な住まいを見つけることが可能になります。ペットの飼育に関する各種ルールや環境をしっかりと確認し、ペットも人も快適に過ごせる住まい選びをしましょう。

unito|初期費用を抑えたいならオススメ

ペットとの生活を考えているが、初期費用の面で不安を感じる方には、unitoが理想的な選択肢となり得ます。unitoは家具や家電が付いている賃貸サービスで、多くの利点があります。

家具家電付き

家具や家電が備え付けられているため、これらの購入にかかる初期費用を節約できます。

wifi・水光熱費込み

月々の支払いをシンプルにし、追加の費用が発生しないため、生活費の管理が容易になります。

リレントサービス

不在時に宿泊者に部屋を貸し出し、家賃の一部を回収することが可能です。

ペット向けの設備

ペットとの生活に適した設備や遊び場が完備されている物件もあります。
これらの特徴により、unitoはペットを飼いながらも費用を抑えて快適に暮らすことを望む人にとって、魅力的な選択肢です。

まとめ

ペットと一緒に暮らすための賃貸物件を探す際には、さまざまな選択肢があります。条件によっては、費用を抑えて安く住むことも可能です。ペット共生型物件やunitoのようなサービスを利用することで、ペットとの快適な生活を実現しながら、経済的な負担を軽減することができます。

重要なのは、自分とペットにとって最適な環境を見つけることです。ペット飼育のルールや設備、初期費用や退去時の費用などを慎重に考慮し、ペットと共に幸せな生活を送るための住まい選びをしましょう。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!