今すぐデュアルライフを始めよう!デュアルライフの魅力と始め方を紹介

Written by

デュアルライフとは二拠点生活のことをいいます。平日は都会で仕事をして、週末は田舎の拠点でリラックスするライフスタイルです。そんなデュアルライフの魅力について紹介します。

ディアルライフとは?

デュアルライフとは二拠点生活のことをいいます。平日は都会で仕事をして、週末は田舎の拠点でリラックスするライフスタイルです。

かつては富裕層や定年後の楽しみと思われていましたが、現在は様々な働き方ができるようになり、若年層がデュアルライフを送ることも多くなっています。

リモートワークや在宅ワーク、フリーランスが一般的になってきたことで、どこにいても仕事ができるようになりました。都会と自然豊かな田舎の二拠点を行き来することで、生活にメリハリがついて自分のやりたいことを我慢しなくて良いのがデュアルライフです。

デュアルライフの魅力

デュアルライフの魅力は次の5点です。

  1. 自分の趣味を楽しめる
  2. 自然に癒される
  3. 子どもが自然と触れ合える
  4. メリハリのある生活ができる
  5. 新たな交流が生まれる


魅力をひとつずつ見ていきましょう。

自分の趣味を楽しめる

デュアルライフの最も大きな魅力は自分の趣味を存分に楽しめることです。都会の中では、マリンスポーツや釣り、登山、家庭菜園、キャンプなど、自然と触れ合う趣味を行う時間や場所を確保するのが困難です。

二拠点目に趣味が楽しめる地域を選択すれば、週末は趣味三昧の生活が待っています。デュアルライフによって、週末は自分の趣味を最優先できる生活が送れるようになります。

自然に癒される

デュアルライフの二拠点目に自然が豊かな地域を選択することで、都会とは違う自然に癒されることができます。時間に追われた日常から解放され、ゆったりと自然の空気や時間の流れを楽しむことで、かなりのリラックス効果が得られるでしょう。

自然と触れ合う趣味がなくても、都会での生活にストレスを感じる方や新たな体験をしたい方にとって、デュアルライフは最大のリラックスになるといえます。

子どもが自然と触れ合える

デュアルライフを楽しんでいるのは単身者ばかりではありません。子育て世帯の方でもリモートワークが可能であればデュアルライフが可能です。

完全に田舎に移住すると教育面が心配という方でも、デュアルライフであれば、子どもの教育と自然との触れ合いを両立することができます。

メリハリのある生活ができる

デュアルライフを送ることによって、平日は仕事、週末は自分の時間と明確な区別をつけやすくなります。これまで週末はダラダラしがちだった方でも、週末は二拠点目に移動するという目標が生まれることでオンオフはっきりした生活が送れることでしょう。

新たな交流が生まれる

二拠点目を持ち、住み始めることで新たな交流が生まれます。その土地でしかできない体験や交流を通じて、人生の幅が広がっていくでしょう。

デュアルライフによって生まれた人間関係から、新たなビジネスチャンスになることもあります。二拠点目での刺激から仕事のアイデアが浮かぶこともあり、趣味と仕事の両方に役立つのも魅力のひとつです。

デュアルライフの始め方

デュアルライフの魅力がわかったところで、デュアルライフの始め方を解説します。

デュアルライフの目的をハッキリさせる

最初に、デュアルライフを始める目的をハッキリさせましょう。自分の趣味のため、子育てのため、I・Uターンのため、子育てのため、仕事のため、など目的は様々です。

二拠点目の候補地や求める移住支援の内容も変わってくるため、デュアルライフの目的はブレないように注意しましょう。

自分の目的にマッチしない地域を二拠点目にすると、せっかくのデュアルライフに満足できず、逆にストレスとなってしまいます。

家族の同意を得る

デュアルライフを始めるためには、家族やパートナーの同意は欠かせません。自分だけで勝手に決めてしまうわけにはいきませんし、家族全員が納得していないと幸せなデュアルライフは送れません。

なぜデュアルライフを送りたいのか、目的をしっかりと家族に説明し、納得を得てから準備を開始しましょう。

ある程度、デュアルライフの候補地を決めてから話をすることで本気度が伝わり、二拠点目のイメージもしやすくなる場合もあるため、タイミングを見極めて話を切り出すことも重要です。

二拠点目の地域を探す

デュアルライフの目的を定めたら、二拠点目候補の地域を探しましょう。目的にマッチしており、本拠地からのアクセスも良く、できれば移住支援をしているところを探したいもの。

デュアルライフは二つの生活拠点を持つことになるため、それなりに費用がかかります。物価や光熱費が安く、移住支援がある場所を探すと無理なくデュアルライフを続けられるでしょう。

候補地に行ってみる

二拠点目の候補地を決めたら、実際に行ってみましょう。交通の手段、時間、費用はもちろん、地域の様子や人々の雰囲気も重要です。

目的に合った土地か、確かめることも必要です。趣味を楽しむなら趣味に合った季節に訪ねたり、子育て重視なら家族を連れて行ったり、候補地に行くときも目的を忘れないようにしましょう。

候補地に行くときはお試し移住制度を使うと、より地域の様子がわかりやすく、お得に滞在することが可能です。

物件を決める

候補地に行ってみて二拠点目を決定できたら、実際の物件を決めましょう。物件を決めるには、一軒家、賃貸、マンスリーマンション、空き家バンクなどの選択肢があります。

自分の滞在スタイルや移住支援利用の可否、初期費用や家具家電など、物件を決める要素は様々です。

デュアルライフを始めるにあたって、最も費用がかかるのが物件、家賃のため、本拠地との兼ね合いも検討しながら決めましょう。

デュアルライフを行う際のポイント(注意点)

デュアルライフを行う際のポイント(注意点)を3つお伝えします。

出費が増える

デュアルライフを始めると、初期費用はもちろんランニングコストもかかります。初期費用としては、敷金、礼金、家具家電があります。

ランニングコストは家賃、水道光熱費、交通費、通信費、火災保険、日用品など。2軒分の住居を持ち、移動することで出費が増えるのは間違いありません。二拠点目の立地にもよりますが、月に10〜20万円の負担となる場合もあります。

デュアルライフを続けるために、最初から資金計画はしっかりと立てましょう。

準備が大変

候補地〜物件探し、手続きなどやることがたくさんあるため、デュアルライフを始めるまでの準備に時間と手間、お金がかかります。

二拠点間を行き来する必要があるため、想定以上に交通費がかかる可能性があることを覚えておきましょう。

仕事を休めない場合もあるため、二拠点目での作業はできるだけまとめるのがおすすめです。移住支援があれば、効率の良い準備方法を確認しても良いでしょう。

最初から一軒家は注意

デュアルライフを始める際、二拠点目にいきなり一軒家を購入するのは注意が必要です。どんなに調べても、実際住んでみると理想と違う部分はあるものです。

賃貸であれば契約の変更で済みますが、購入した一軒家だと手放すのに手間とお金がかかります。二拠点目のエリアによっては、すぐに買い手がつかない可能性も。

もともと知っているエリアでない限り、いきなり一軒家を購入してデュアルライフを始めるのは避けた方が良いといえます。

ここだけじゃない!手軽に滞在先を探すなら「unito(ユニット)



ここまでデュアルライフの魅力をご紹介してきました。様々なメリットと魅力があるデュアルライフ。とはいえ、二拠点の管理をするのは大変ですよね。そんな時はサービスアパートメントを利用するのはいかがでしょうか?

サービスアパートメントとは、ホテルと賃貸物件の特徴を併せ持った賃貸住宅のことです。家具家電やキッチン、洗濯機などがあり、自宅のように過ごせますし、初期費用もかかりません。清掃も不要です。

unito」はサービスアパートメントの中でも、滞在しない日は返金される「リレント」システムがあるため、お得に都内に滞在できます。都内を中心に646件の部屋やホテルを選択できるため、都内滞在時に「unito」を利用して浮いたお金を二拠点目に充てることができます。

魅力いっぱいのデュアルライフをお得に始めるためにぜひ「unito」を利用してみてはいかがでしょうか。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!