賃貸の初期費用を20万円以下に抑えるコツを解説!

Written by

賃貸物件への引越しは、新たな生活を始めるワクワクする瞬間ですが、初期費用の高さに頭を悩ませることも少なくありません。敷金、礼金、仲介手数料、そして引越し費用など、加算されるとかなりの金額になり得ます。特に初めての一人暮らしや、予算をできるだけ抑えたい方にとっては、これらの初期費用をどうにかして低く抑えたいところです。 そこで、この記事では賃貸物件の初期費用を20万円以下に抑えるための実用的なコツをご紹介します。20万円以下という範囲内で初期費用を収めることができれば、その分、家具や生活必需品への投資、または貯蓄に回すことができるようになります。経済的な余裕は、新生活をより快適に、そして心に余裕を持ってスタートさせるためにも重要です。 本記事を通じて、賢く物件を選び、無駄な出費を避ける方法を身につけていただければと思います。各種費用の内訳と相場を理解し、どのようにして費用を節約できるのか、その具体的なコツを詳しく解説していきます。

初期費用の内訳と相場

賃貸物件への引越しを考える際、最初に直面するのが「初期費用」の問題です。この初期費用は、物件によって異なりますが、主に以下の項目から成り立っています。

敷金

家賃の1~2ヶ月分が一般的です。敷金は、賃借人が物件を退去する際の損害や清掃費用に充てられるために大家に預けられます。敷金がゼロの物件も増えています。

礼金

これも家賃の1~2ヶ月分が相場で、物件を借りる際に大家へ支払うお礼のお金です。礼金が不要な物件も存在します。

日割り家賃

入居する月の残り日数に応じて計算される家賃です。入居日が月末に近いほど、この費用は少なくなります。

前家賃

翌月分の家賃を前払いすることがあります。これは物件や契約条件によって異なります。

仲介手数料

不動産仲介会社に支払う手数料で、家賃の0.5~1ヶ月分プラス消費税が一般的です。

火災保険料

多くの場合、入居時に火災保険への加入が求められ、1万5,000円~2万円程度が相場です。

鍵の交換費用

入居時に安全性を高めるため、または管理会社のポリシーにより鍵を交換する必要があります。これには1万円~2万円程度かかります。

これらの初期費用は、新たに契約する物件の家賃の約4~6ヶ月分に相当します。さらに、引っ越し代、家具・家電の購入代、ハウスクリーニング代、保証料、消臭・消毒費用などが加わると、初期費用はさらに膨らむことになります。

賃貸の初期費用を20万円以下に抑えるコツ

初期費用を20万円以下に抑えるためには、以下のコツを活用しましょう。

家賃の低い物件を選ぶ

月額の家賃が4~5万円以下の物件を選ぶことから始めます。家賃が低いほど、初期費用も抑えやすくなります。

ゼロゼロ物件やフリーレント物件を選択

敷金や礼金が不要、または最初の数ヶ月の家賃が無料の物件を探しましょう。

家具・家電付き物件を利用

家具や家電の購入費用を節約できるため、初期費用を大きく削減できます。

連帯保証人のみで契約できる物件を探す

保証会社を利用しないことで、保証料を節約できます。

仲介手数料が安い不動産会社を選ぶ

仲介手数料が無料、または割引されているキャンペーンを行っている不動産会社を利用しましょう。

不要なオプションサービスは断る

必要最低限のサービスのみを選択し、余計な費用はかけないようにします。

閑散期に契約

不動産の需要が低い時期を狙うことで、家賃の値下げ交渉や条件面での優遇が期待できます。

月初に入居

日割り家賃を最小限に抑えるため、月初めに引っ越しを行います。

引っ越し業界の閑散期を利用

引っ越し費用も需要によって変動するため、閑散期に引っ越しを計画すると費用を抑えられます。

これらのコツを実践することで、初期費用を効果的に20万円以下に抑えることが可能です。しかし、物件選びは慎重に行い、費用を抑えることと生活の質を天秤にかけて最適な選択をしましょう。

賃貸の初期費用が20万円以下の物件を探す方法

賃貸物件の初期費用を20万円以下に抑えたい場合、効率的な物件探しの方法を知ることが重要です。以下の方法を利用して、予算内で最適な物件を見つけましょう。

ネットで調べる

インターネットは、賃貸物件探しにおいて最も強力なツールの一つです。多くの不動産情報サイトやアプリがあり、地域や家賃、条件を指定して簡単に検索することができます。特に、「初期費用が安い」「敷金礼金ゼロ」「家具家電付き」などのフィルターを利用すれば、目的に合った物件を迅速に見つけ出すことが可能です。また、物件の詳細情報や周辺環境、さらには口コミや評判をチェックすることもでき、事前に多くの情報を得ることができます。

直接不動産屋に行く

インターネットでの検索と並行して、地元の不動産屋を直接訪問するのも有効な方法です。不動産屋のスタッフはその地域の物件情報に精通しており、ネット上にはない新しい情報や非公開物件の情報を提供してくれることがあります。また、予算や希望条件を直接伝えることで、スタッフが適した物件を紹介してくれる場合もあります。対面での相談は、質問や疑問点を即座に解消できるため、物件選びの不安を軽減できるメリットがあります。

初期費用が安い物件に引越すデメリット

初期費用を抑えることは魅力的ですが、安い物件にはいくつかのデメリットが存在することを理解しておく必要があります。

高めのクリーニング代

敷金・礼金が不要な物件では、退去時に相場よりも高いクリーニング代を請求されることがあります。契約前にクリーニング費用の規定を確認し、退去時の費用負担を予測することが重要です。

管理費や共益費の負担

仲介手数料がない代わりに、管理費や共益費が割高に設定されている物件があります。月々の支出を考慮する際には、これらの費用も合わせて検討する必要があります。

物件の条件や環境

初期費用が安い物件は、立地条件があまり良くない、防音が不十分、間取りが狭いといった問題を抱えていることがあります。また、隣人トラブルが多発するなど、居住環境に問題がある場合もあります。物件を選ぶ際は、初期費用のみならず、生活の質や快適さも考慮することが大切です。

unito|初期費用を抑えたいならunitoがオススメ

賃貸物件の初期費用を抑えたい場合、unitoは非常に魅力的な選択肢です。unitoの提供するサービスは、初期費用を大幅に削減するだけでなく、入居者の生活をより快適にする多くの利点を提供します。

家具家電付きで費用を抑える

unitoの物件は、家具や家電が完備されています。これにより、新生活を始める際に家具や家電を新たに購入する必要がなくなり、大きな初期投資を抑えることができます。また、選び抜かれた家具や家電は、生活空間を快適でスタイリッシュに演出します。

wifi・水光熱費込み

unitoの物件では、wifiや水光熱費が家賃に含まれているため、毎月の支払いをシンプルにし、追加の費用を気にすることなく生活できます。これは、生活コストを明確にし、予算管理を容易にする大きなメリットです。

「リレント」で家賃を下げる

さらにユニークなのが、「リレント」というサービスです。これは、入居者が家に帰らない日に、部屋を短期宿泊者に貸し出すことができる仕組みです。リレントを利用することで、家賃の一部を回収し、実質的な住居費を抑えることが可能になります。

まとめ

この記事を通じて、賃貸物件の初期費用を20万円以下に抑えるための具体的なコツを紹介しました。unitoのようなサービスを利用することで、初期費用の負担を大きく軽減し、新生活をスムーズかつ快適にスタートさせることができます。

しかし、初期費用が安い物件にはそれなりのデメリットも存在します。物件選びをする際は、コストだけでなく、生活の質や将来的な費用負担も考慮に入れ、慎重に判断することが重要です。本記事で紹介したコツを参考にしながら、自分にとって最適な賃貸物件を見つけましょう。



line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!