初めての賃貸マンション!初期費用から抑えるポイントまでご紹介!

Written by

一人暮らしや同棲を始める際に、多くの方がアパートではなく、マンションに住みたいと考えることでしょう。マンションはその豊富な設備やセキュリティ、居心地の良さから魅力的ですが、引っ越しに際しての初期費用はしばしば頭を悩ませるポイントです。特に、賃貸マンションに初めて引っ越す場合、どのような費用がかかるのか、またその支払い方法について不安を感じる方も多いでしょう。 この記事では、賃貸マンションへの引っ越しに必要な初期費用の詳細、さらに支払いが困難な場合の解決策について詳しく解説していきます。初めての賃貸マンション選びに際し、事前に知っておくべきポイントを提供し、スムーズな引っ越しをサポートします。

そもそもマンションとアパートの違いとは?

「マンション」と「アパート」の間には、法的な明確な区別は存在しません。一般的には、ハウスメーカーや不動産会社が独自の基準でこれらを区別しています。例えば、ある会社では「マンション」としている建物が、別の会社では「アパート」と分類されていることもあります。したがって、物件を選ぶ際は、名称だけにとらわれず、その建物の実際の設備や条件をしっかりと確認することが重要です。

賃貸マンションに引っ越す時の初期費用とは?

賃貸マンションに引っ越す際には、多くの初期費用が発生します。一般的には、家賃の5倍~6倍程度を見積もるのが妥当です。以下に、主な初期費用の項目を詳しく見ていきましょう。

■ 敷金

  • 目的: 家賃の滞納リスク対策や退去時の原状回復費用に備えるための担保。
  • 金額: 家賃の1ヶ月~2ヶ月分が一般的。敷金が不要な物件もありますが、その場合は退去時のハウスクリーニング代が発生することがあります。


■ 礼金

  • 目的: 契約成立の謝礼として大家に支払う金額。
  • 金額: 家賃の1ヶ月~2ヶ月分が目安。礼金なしの物件もあります。


■ 仲介手数料

  • 目的: 物件の仲介を行う不動産会社への手数料。
  • 金額: 家賃の0.5ヶ月~1ヶ月分プラス消費税。仲介手数料無料の物件も存在します。


■ 日割り家賃

  • 計算方法: 入居日から月末までの日割り計算。
  • 金額: 家賃1日分から1ヶ月分が目安。入居日が月末に近いほど、支払う額は少なくなります。


■ 前家賃

  • 目的: 契約月の翌月分の家賃を前払い。
  • 金額: 家賃1月分が一般的です。


■ 火災保険料

  • 目的: 火災や水漏れなどのリスクに対する補償。
  • 金額: 1万5,000円~2万円程度です。


■ 鍵の交換費用

  • 金額: 1万円~2万円程度で、セキュリティ向上のために必要です。


■ その他の費用

  • 保証料: 1万円~3万円、または月額賃料の30%~100%。
  • 消臭・消毒費用: 1万5,000円~2万円程度。


■ 総額

初期費用の総額は、家賃の4.5倍~5倍程度を見積もると安心ですが、物件や地域によって変動するため、具体的な金額は契約前に確認が必要です。近年では、礼金や仲介手数料が不要な物件も増えています。

unito|初期費用を抑えたいならunitoがオススメ

初期費用の負担を軽減したい場合、unitoが提供するサービスを利用するのが良い選択です。

  • 家具家電付き物件: unitoでは、家具や家電が完備されている物件を提供しています。これにより、新生活を始める際の追加的な出費を抑えることができます。
  • wifi・水光熱費込み: wifiや水道、電気、ガスの費用が含まれているため、毎月の固定費を節約できます。
  • リレント: 家に帰らない日に部屋を宿泊者に貸すことで、家賃の一部を回収できるサービスも提供されています。これにより、家賃の負担を一部軽減することが可能です。


まとめ

賃貸物件の選択に際しては、必ず初期費用が発生します。この初期費用には、家賃や敷金、礼金、仲介手数料など、多様な費用が含まれ、一般的には家賃の5倍~6倍程度になります。そのため、物件選びの際には、これらの費用を事前に把握し、計画的に予算を管理することが重要です。

初期費用を抑えるコツとしては、家具家電付きの物件やフリーレント物件を選ぶ、条件を緩和して安価な物件を探す、複数の不動産会社に見積もりを依頼するなどが挙げられます。また、unitoのようなサービスを利用することで、初期費用の一部を節約することも可能です。

line相談中
lineアイコン

部屋探しから退去まで、LINEで丁寧にサポート

コンシェルジュが条件を伺い、最適なお部屋を提案させていただきます。また、契約後、ご滞在中、そしてご退去までお困りのことがあればコンシェルジュがLINEで丁寧にサポート。お気軽にご相談ください!